ピクシブ百科事典

通名報道

つうめいほうどう

それは「報道しない自由」であり、マスコミの不手際である。
目次[非表示]

現在この記事は、一部の編集者による荒らし行為が発生しているため、記事が度々書き換えられることがあります。編集履歴をよくご覧になり、注意してお読みください。
概要
 一部報道機関、特に名前を挙げられるのは一部にて左派と呼ばれる朝日新聞などの一部マスコミ等において、在日外国人が逮捕された際、通称名、いわゆる通名のみで報道されることが存在する事を指す。
 これは実際には二つの理由があり、「マスコミの取材不足」あるいは「大人の事情」によるものである。

取材不足

 マスコミニュースをすべて自らの取材により得ているわけではなく、一部のニュースは通信社と呼ばれる会社から購入しているものが存在する。その状況では「通名のみが発表」されているニュースも存在し、その場合容疑者の名前があいまいなまま出会ったりする事例も存在するようである。
 また、自社の取材によるものでも、取材能力の差や取材に力を入れなかったことにより容疑者の通名のみしか確認できなかった、ということも存在するかもしれない。
 あるマスコミはそのまま記事にする(すなわち「(通名)容疑者」)。ところが別のマスコミは記事補強のための取材によりその人物の本名が明らかとなる場合が存在し、それにより「(通名)こと(本名)容疑者」と報道されることが存在する。
 この推測が事実であるならばマスコミ報道として重要なことを行っていないわけであり、マスコミマスゴミと揶揄される原因のひとつといわれても仕方のないことである。 /> 大人の事情
 一部マスコミにおける「通名のみの報道」は本来、各個の事件に無関係な外国人を風評被害による差別から守る「方便」としての性質を備えた行為として扱っており、これは報道関係者の裁量権の範囲内の事である
 これらは内規により決定されるが、新聞および雑誌においてはそれらの内規は公表の義務はない。また放送においてはそれらの内規は番組基準として公表されなければならないはずであるが、それがなされた様子はない。
 また、報道によっては例えば朝日新聞であっても本名を記述することもあり(これは正式な通名ではなく、暴力団員の通り名であった事例と思われる)、この点に関しても一貫したものではないと思われる節があり、一部では報道しない自由といわれることもある。

問題点

 ところがこの問題は思想的な問題を含んでいるため、この記事で編集合戦を起こしている状態である。
 いわくネット右翼はしばしば「外国人(この場合は特に特別永住資格を持つ在日外国人)を不当に優遇し、外国人犯罪者の起こした事件を日本人による事件であるかのように事実誤認を起こさせる行為」であり、いわゆる在日特権のひとつではないかと主張している。
 ところが、外国人風評被害から守るという目的であるならばなぜわざわざ外国人が逮捕された際国籍を報道するのか?それこそが風評被害を生む原因となるのではないか?という疑問も存在し、「有力な外国人がマスコミに対する圧力によりこの状況を生み出しているのではないか」と邪推する者も存在している。この点に関しては双方ともに口をつぐんだままである。 />  また、通名自体は在日外国人であるならば使用可能(ただし平成24年の法改正でその使用はかなり面倒な事となっている)であるが、なぜか問題となるのは特定人種のみである、という点も引っかかる点である。

主張

 なおネット右翼たちはしばしば「在日朝鮮人は通名で偽装口座が作れる」だの「犯罪を犯しても通名を変えるだけで経歴をリセット出来る」だのと言う主張をしばしば言うが、結論から言えばデマである。

デマと断言出来る理由

「在日の通名」も自動車運転免許証などの「身分証明書」として使えるものは本名も同様にしるされており、「別人になりすます」など不可能である。
また、総務省の公式資料によれば、住民票における通称名は氏名の後に括弧書きで記載、住民票の通名のみでの写しは不可、通称名の履歴は住む自治体が変わっても管理引継ぎなどの規則が整備されており、ネット右翼達の言うような展開にはなり得ない旨が判る(ネット右翼達の『主張』を事実と仮定するなら、日本は戸籍謄本一つまともに管理出来ていない『失敗国家』という事になる。)

関連タグ

陰謀論 ネットde真実

コメント