2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました。

詳細
目次[非表示]

概要

『還願』とは「Red Candle Games(赤燭遊戲)」開発のストーリー形式心霊ホラーゲーム。
還願とは「願いが叶った事に対する神仏への御礼参り」を指し、英題Devotionは「献身、宗教的情熱」を意味し、宗教絡みの物語への関連性と、また主要登場人物であるドゥ一家それぞれの互いへの愛を表す。
しかし物語が進むにつれ、この“還願”にはもう一つ、痛切な意味が込められていることが明かされる。

舞台設定は1980年代の台湾。信仰と生活が密接に結びついたこの地の古いマンションにかつて存在した、ごく普通の3人家族の日常風景と消し去れない記憶が物語として展開される。
返校』と同様、時代背景が悲劇を呼ぶ筋立てになっており、前作以上に歴史的要素が盛り込まれた重厚なストーリーとなっている。
物語の主要人物である3人家族はごく普通だが出自はスターダム寄りであり、脚本家の父、元女優の母、そして優れた歌の才能を持つ小学生の娘から構成される。
折しも80年代は台湾映画界の過渡期であり、その時流に取り残される父と、巻き返すように過度な期待を寄せられる娘、そして当時の社会問題であった新興宗教団体による詐欺行為と精神疾患への無理解が家庭を崩壊させていく。

マンションに足を一歩踏み入れると、聞こえてきたのは懐かしい80年代の歌謡曲。テレビにはオーディション番組が流れている。こんなに懐かしい光景のはずなのに、なぜ不安を掻き立てられるのだろう?

あなたはかつて「家」と呼ばれたこの空間で探索する。多くの予期せぬ変化の中、どんどん奇怪さが増していく周囲の環境に血の気が引く。ひとつ、またひとつと過去の思い出を歩み、何層にも重なった幾多の謎を解くにつれ、「家」に埋もれた耐えがたい真実を徐々に掘り起こす。

いつか、誰かがあなたにこう言った。「誠意をもって願えば、願いは必ず叶う。」


諸事情で配信停止となったが、DRMフリー形式で再公開された。

ストーリー


1987年、脚本家の杜豐宇(ドゥ・フォンウ)はいつものように自宅のリビングで娘のメイシンが出演するテレビ番組、『七彩星舞台』を鑑賞していた。台所では妻のリホウが夕食の支度をしている。平穏な日常の風景。妻がフォンウの子煩悩を嗜め、体の弱いメイシンが元気になったのは“観音”のご利益だと喜ぶが、そのメイシンの姿が見えない。『メイシンは何処?』リホウの問いにフォンウは答えられなかった。

次の瞬間世界は暗転し、自宅は先程とは打って変わって荒廃していた。台所にいた筈のリホウも見えない。塗り込めたような暗闇でようやくライターを見つけたフォンウは、姿を消した二人を見つけるため、過去への旅を始める。

妻と娘は何処に?何故家が荒れ果てているのか?
その真実は、フォンウが嘗て犯した過ちと悲しみの記憶に封印されていた…。

登場人物

杜豐宇(ドゥ・フォンウ)

還願


リホウの夫でメイシンの父。嘗ては新進気鋭の脚本家として多くの賞を獲り一世を風靡した。現在は時代の変化について行けずスランプに陥っており、目立った作品を発表出来ていない。
娘想いの優しい父である一方、プライドが異様に高く、虚栄心の強い見栄っ張りな性格。世間の目を非常に気にする小心な所もある。頑なに執筆姿勢を変えず、不調を案じる周囲や妻には高圧的に振る舞う。あまり賢い人間ではないらしく、脚本の文章が稚拙であったり、友人との麻雀で平然とイカサマをされてバカにされたりしていた。本人もそんな自分や現状に劣等感があるのか、都合が悪くなると罵声を浴びせたり物に当たったりと暴力的な行為にも及んでいた。
信心深い一面もあり、『選び取り』(中華圏の風習。乳児の周りに様々な道具を置き、子供が選んだ道具でその子の将来を占う)をしたり、女兒酒(女児のいる家で娘が嫁ぐ日まで寝かせる酒)を醸したりと几帳面に習慣を守っている。


鞏莉芳(ゴン・リホウ)

Devotion


フォンウの妻でメイシンの母。若い頃は清純派女優並びに歌手として名を馳せた。フォンウとは作品を通じて知り合い、交際の末に結婚した。一人娘のメイシンを授かり幸せな生活を送っていたが、フォンウの稼ぎが悪くなると生活も苦しくなり、食器用洗剤を節約したり、実家から借金したりして家計を切り詰め、家庭を維持しようと一人奮闘する。
リホウがフォンウの父の日の祝いにライターをプレゼントするなど当初の夫婦仲は良かったが、プライドに固執して現実を見ず、稼ぎが少ないのに無駄に金遣いの荒いフォンウに怒り、夫婦間の諍いが絶えなくなっていく。
尚、リホウの姓だけ違うのは、台湾の結婚において夫婦別姓がメジャーなためである。

杜美心(ドゥ・メイシン)

來世


フォンウ、リホウ夫妻の愛娘。1975年生まれ。天真爛漫な少女で心優しく、歌うことが大好きだった。母譲りの美しい歌声の持ち主で、両親の勧めもあって『七彩星舞台』(還願世界の台湾ののど自慢大会的な歌番組)に出場し、高得点を叩き出したことで一躍人気者となる。しかし本人の性格はどちらかと言うと引っ込み思案で大人しく、大勢の人前で歌うのはやや苦手だった。体も然程強くなく、発熱で学校を休む事もあった。
加えて家庭環境の悪化に伴う両親の不仲に心を痛めており、成果を挙げねばならないプレッシャーとも相まって徐々に精神のバランスを崩していく。

関連イラスト

無題
杜美心


再會
センシティブな作品


謝謝~
夫妻共沉



別名・表記ゆれ

Devotion:サブタイトルで、英語版のタイトル
还愿:中国語簡体字のタイトル

関連タグ

杜美心 アマガサヘビ
返校

外部リンク

関連記事

親記事

ホラーゲーム ほらーげーむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2383117

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました