ピクシブ百科事典

里見教導院

さとみきょうどういん

『里見教導院』は、境界線上のホライゾンに登場する架空の教育機関。

概要

所在地は、房総半島。
鎌倉幕府が滅びた際に、各地に散っていった長寿族が作った安房の国にある。
所属しているのは、里見家の者のため、ある意味では「里見家」その物と言えるかもしれない。

里見家が対応し、また世界史では李氏朝鮮が対応。
良い漁場があり、その土地の奪い合いが多々起こっており、それらが李氏朝鮮における歴史再現としての
解釈に宛てられている。

南総里見八犬伝』を強引に「史実」として解釈することで、
『南総里見八犬伝』における
主要人物「八犬士」がそれぞれ所有している珠に書かれた文字に対応する
「仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌」
の八徳をモチーフとした"八犬武神"、
登場人物をモチーフとした"八房"などの武神
登場する宝刀をモチーフとした"村雨丸"などの神格武装を開発、所有している。
そのためか、里見教導院出身・所属の人物には、
犬耳型のインテークの意匠が見受けられる」
という共通の外見上の特徴がある。

上述の八犬武神である"義"や"忠"をはじめとする武神戦力に特化しており、また防戦やかく乱を得意としている。

pixivに投稿された作品 pixivで「里見教導院」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7722

コメント