ピクシブ百科事典

金沢カレー

かなざわかれー

金沢カレーとは金沢市やその周辺自治体に多く見られるカレーの一つである。

概要

石川県、特に金沢において提供されるカレーにはほかのカレーと異なる特徴が見られた。主に「濃厚なルーがご飯に覆いかぶさるように掛かったソースのかかったカツカレー」で「付け合わせのキャベツ」があり、さらに「食器が金属製」というものである。
金沢カレーはもともと国鉄の外郭団体「鉄道弘済会」が運営していた「ニューカナザワ」というレストランで生まれた。このレストランは国鉄分割民営化によって閉店に追い込まれた。しかし、ここで働いていたシェフたちによって味が受け継がれることとなった。

カレーのチャンピオン
ニューカナザワ初代チーフで、金沢カレーの原型を作ったといわれる田中吉和氏が「洋食タナカ」を1961年に設立した。その後金融機関に勤めていた岡田隆という人物との共同経営に移行し1971年に「ターバンカレー」となったものの2年後には共同経営を解消し、田中吉和氏側が「タナカのターバン」と名乗ったのち現在の「カレーのチャンピオン(株式会社チャンピオンカレー)」となった。
※なお、ターバンカレーの商標は岡田氏側に残されたがレシピは調理に専念していた田中氏側が持っており、経営に専念していた岡田氏側には引き継がれなかった。よって現在のターバンカレーやそこから分かれたゴーゴーカレーはニューカナザワからの伝統を引き継いでいない。

インデアンカレー
1964年、ニューカナザワに和食担当として勤めていた野村幸男氏が、同じくニューカナザワに勤め田中吉和氏からレシピを受け取った今度忠氏を招いて「インデアンカレー」が設立された。一時店舗を閉鎖し、ルーの製造のみに専念していた時期があったが現在は店舗営業を再開している。

キッチンユキ
1966年、同じくニューカナザワで2代目チーフとして勤めていた宮島幸雄氏が先に独立したかつての同僚達の支援の下「キッチン・ユキ」を設立。この設立時にレシピを引き継いだ。洋食店としての路線を続けており、ハントンライスも提供している。

カレーの市民アルバ
上述4店全てに関わった今度忠氏が1971年に「洋食店アルバ」を設立、その後「カレーの市民アルバ」となる。松井秀喜選手が学生時代に通った事でも有名。全国展開を考え、親交のあった加賀電子創業者の塚本勲氏の協力を経て関東に進出した。

外部リンク

カレーのチャンピオン
カレーのチャンピオンサイト内の「金沢カレーの歴史」
インデアンカレー
キッチンユキ
カレーの市民アルバ(加賀電子子会社KGF担当サイト)

関連記事

親記事

カレー かれー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「金沢カレー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3187

コメント