2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

鍾魈

しょうしょう

オープンワールドゲーム【原神】に登場する鍾離×魈のBLカップリング。
目次[非表示]

プロフィール


PC名鍾離
CV前野智昭松岡禎丞
誕生日12月31日4月17日
元素
身分/真名岩神モラクス・岩王帝君。「往生堂」に招かれた謎の客卿。璃月を守る仙人・夜叉。またの名を降魔大聖、護法夜叉大将。
年齢6000歳以上2000歳以上
英語表記ZhongliXiao
所属岩国璃月岩国璃月
命ノ星座岩王帝君座金翼鵬王座
オリジナル料理とろ火で煮込んだ腌篤鮮 杏仁豆腐(夢)

以下、二人に関わる内容を記載する。

概要

璃月の元神であり往生堂の客卿・鍾離×璃月を守護する夜叉の生き残りである仙人・のカップリングである。

以前から、魈側のキャラクターストーリーやボイスでは深い関係が仄めかされていたが、作中では直接接触することがなかった。
(メインストーリーでは鍾離の都合で接触が不可能。二回目の海灯祭では鍾離が望舒旅館を訪れたが、魈が不在で擦れ違っていた)

バージョン2.7で追加された魔神任務 間章第2幕「険路怪跡」のムービー中にて、ついに二人のやりとりを垣間見ることができるようになった。
この章は解放条件が複数あり、ストーリー解放までには非常に時間がかかる。
しかしながら、公式YouTubeにムービーが載せられている為、二人の会話を確認するだけならば容易である。

気になる方は【原神】険路怪跡ストーリームービー「生と死の刹那」で検索してください。

間章第2幕での終盤の会話から、旅人の知らぬ間に鍾離と魈は何度か会っていることがわかる。
(鍾離が旅人のことを魈に対して話したのは、少なくとも、例のムービー中で会っている時より前であろう)

世界任務「扇底春秋」は、間章第2幕後の魈に関わるセリフが含まれる為、続けて進めることをおすすめするが、鍾離の伝説任務『古聞の章第2幕「匪石」』を終えていない場合は発生しないので注意。

詳細

ボイス

  • 鍾離『魈について…』

「連理鎮心散」という薬を魈に渡すよう旅人に依頼している。
それは常人には耐えられないような薬で、現在までその出処は明かされていない。
鍾離自身が処方しているかは不明だが、魈の為にわざわざ用意したのは確かである。
業障に苦しみ、今も責務を果たし続けている彼を気にかけているようだ。

※バージョン3.0にてボイスが修正された。
【旧】
帰離原の少年仙人か…ふむ…今日になっても彼はその責務を果たしている…この「連理鎮心散」を彼に渡してくれるか。そうだ、パイモンが食わないように注意するんだ。この薬は…常人が耐えられるものではない。

【新】
帰離原の少年仙人と言ったか?…あぁ、彼は今日に至ってもその責務を果たしている…この「連理鎮心散」を、俺の代わりに渡してきてくれないか。そうだ、パイモンが食わないように注意するんだ。この薬は…常人が耐えられるものではない。

修正版は「帰離原の少年仙人」と呼んだのが旅人だと明確になっている。
また、「俺の代わり」と主語が追加された為、薬は通常鍾離自らが渡しているということが推測できるような台詞となった。

  • 魈『鍾離について…』
鍾離の普段の様子を旅人に尋ねている。
魈は感情の起伏が少なく常に淡々としているが、このボイスはいつもの彼とは明らかに態度が違っている。
その反応から、いかに鍾離のことを大切に思っているかがわかる。
間章2幕では帝君と呼んでいたが、ここでの呼称は鍾離様である。
鍾離が普段は鳥の散歩や花見、骨董鑑賞を行っていると聴き、魈は何か深意があるのかと困惑していた。

なお、これらのボイスは一部例外はあるが基本的には関係が深いキャラクターから先に並びやすい傾向がある。
(ジンならばバーバラ、ディルックならばガイア、雷電将軍ならば八重神子が最初にある)
鍾離と魈はお互いに最初にそれぞれを語るボイスが載せられている。

性能

  • 戦闘面

鍾離は現状最強のシールドを持ち、全属性のデバフ、石化もこなせるという破格の性能である。
どの編成にも合わないことがない上、攻守のバランスを取れば一人でもやっていける。
魈は自己強化に特化しており、単騎でも充分に戦える火力を持っている。
お互いに一人でもやっていけるのだが、二人の長所を同時に組み込むと抜群の安定感を引き出すことができる。

魈に不足している面は、元素爆発時の自傷による打たれ弱さ、風耐性へのデバフと元素チャージ問題である。元素チャージ問題は聖遺物次第で試行錯誤できなくもないが、自己耐久力とデバフはどうにもならない。
鍾離のシールドがあれば、自傷ダメージを受け続けている状態で敵の攻撃に被弾したとしても、瀕死になるという事故が起き難くなる。また、風耐性を下げる方法が現状少ない為、鍾離の全属性耐性ダウンはかなり貴重である。鍾離の爆発による石化の効果時間は短いが、魈の落下攻撃で敵がノックバックして散り散りになるという状況も少しだけ防ぐことができる。

他のキャラクターの場合、高みを目指す為には元素反応や元素共鳴などの理由から鍾離を編成に組み込まない事があるが、現状の魈には最適編成としてほぼ確実に鍾離を入れる。一人でも戦えるが二人ならば安定するという性能は、特に魈の『帝君に救われ、彼の下で戦い続ける』というキャラ設定に合っているように思われる。

ちなみに鍾離の6凸(完凸)の回復性能は彼のシールド耐久力を考えるとほぼ不要に思われるが、常に自傷で体力が減り続ける魈にとっては恩恵がある。(護摩の杖を使う場合には注意が必要)

余談だが、鍾離のシールドで防ぐことができないものは侵食や凍結等いくつかあるが、すぐに問題になるような事は起きにくい。だが、日常的に起こりやすい事故として落下ダメージだけはシールドを張っていたとしても免れない。
それに対して、魈はどこから落下したとしても攻撃体勢を取っていればダメージを受けない。
お互いに庇い合えるような一面を持っている。

  • 武器
鍾離のモチーフ武器「破天の槍」は、シールドを張ったまま装備者がその場に出ていなければ効果が発動しない。シールド特化で鍾離を使う場合、アタッカーに攻撃の役割を回してしまう為、彼に持たせてもこの武器の効果を発動できない。
鍾離をシールド役として運用し、火力が安定している魈に破天の槍を持たせれば、聖遺物次第で真価を発揮することができる。

ちなみに、声優の前野氏は自身のYouTubeチャンネルで鍾離と魈のモチーフ武器を交換させて螺旋に挑んだことがある。

公式YouTube

  • 公式キャストインタビューにおける魈役の松岡氏のコメント

(渡された資料を読み通しながら)
「岩王帝君モラクスについて。長年の苦痛から解放してくれて、魈という名前を与えてくれた恩人。あまりにも敬愛しすぎて軽々しく口に出せない。」
「それぐらい大事な人だった」

その他

  • 望舒旅館の掲示板

鍾離が書き残したと思われる文章がある。
二年目の海灯祭での鍾離のセリフ通り、会う機会ならばこれからいくらでもありそうである。

  • イベント「西より届く香り」
二人とも黄金ガニが苦手だということが判明している。
鍾離は海産物全般が苦手であり、魈は料理に手間がかかり、味が濃いものを苦手としている。

  • 公式アプリ『HoYoLAB』
原神2周年に合わせ、アプリ内でファンイベントが開催された。
イベントページにある動画の一つに、猫となった魈を抱き上げる鍾離のシーンがある。
抱き上げるだけでなく膝にも乗せている
HoYoLAB公式YouTubeでもその様子を一瞬だけ観ることができる。
動画の概要欄にイベントページへのリンクがある為、興味がある方はそちらから。(※原神アカウントとの連携が必要)


二人の深い付き合いは、魈のキャラクターストーリーや、璃月に散らばる伝説(本)などで拾い集めることができる。
魔神戦争時代、モラクスが魈を救い、魈が帝君の為に戦うという過去のエピソードはまだ詳細には明かされていない為、今後の掘り下げに期待である。

関連イラスト

gnsnらくがき①
GNSN LOG1(鍾魈)
原神まとめ①



関連タグ

原神 鍾離 魈(原神)

関連記事

親記事

原神BL げんしんびーえる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「鍾魈」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「鍾魈」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12214407

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました