ピクシブ百科事典

阿久野ジロー

あくのじろー

漫画『はじめてのあく』の主人公

阿久野ジローとは、漫画はじめてのあく』の主人公である。

人物

福岡に存在する悪の組織『キルゼムオール』の次期首領にして、若き天才科学者。
・・・だったが、正義の味方によって本部が壊滅させられた後、と共に神奈川に住むいとこキョーコの家に疎開。転がり込んだのもつかの間、キョーコの体の完璧具合に惚れこんでしまい、彼女を自らの改造対象として付けねらい始める。

赤毛ツンツンした髪学生服を自分流に改造した制服、並びに常に身に纏っているマントが特徴。このマントはジローの意思によって伸縮自在であり、腕に変化させて物を掴んだり、ドリル状にしてキックのダメージを底上げしたりと、多種多様な使い方が可能。

天才的な頭脳の持ち主であり、オーバーテクノロジーなアイテムを次々生み出している反面、悪の組織に染まりすぎているせいか、かなり世間ズレしており、一般的な常識もほとんど知らない。一方で純情で子供っぽいところもあり、初のプール開きに必要以上にはしゃいだりと可愛らしい一面もある。

また、悪としてのプライドは高く、不良や空き巣と言った子悪党に関しては「三下」と見下し、容赦ない鉄建制裁を食らわせる。自分の所有物に対する情も深く、改造対象であるキョーコを馬鹿にされると人一倍腹を立てたりもする。

当初はキョーコを改造するために執拗に追い回していたが、「言うことをちゃんと聞いたら好きにさせてあげる」という約束を交わしてからは、素直に従うようになった。常識を知らないがゆえに恋愛といったこもごもにも相当疎く、「キョーコは俺のもの」などと言った発言を乱発しては、周りからあらぬ誤解を受けまくっている。とは言え、年頃の少年であるのは事実なので、ふとした瞬間にキョーコのことを意識してしまったり、原因不明の心臓の高鳴りに焦りまくったりする場面もしばしば。

わがままで鈍感で常に横柄な態度だが、根はめちゃくちゃ良い奴である。

関連タグ

はじめてのあく
渡恭子 キョーコ

pixivに投稿された作品 pixivで「阿久野ジロー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5451

コメント