ピクシブ百科事典

雲翳朔丸

くもかげさくまる

雲翳朔丸とは、東方二次創作企画「異空郷」での森近霖之助のポジションとなる人物である。
目次[非表示]

雲翳朔丸が登場する異空郷についてはこちらからどうぞ。

概要

種族半人半妖
二つ名表裏対極な道具屋・分離したディフェクティブ
能力影を裂く程度の能力
主な活動場所影空堂
危険度
人間友好度
身長181cm


魔女の森にある道具屋「影空堂(ようくうどう)」の店主。外に出ることはあまりなく、店の中で寝るか本を読んで過ごしている。

異空郷や魔法などについての知識を豊富に持ち、それでもまだ学ぶことを続けている。道具の作製もお手の物で、店には自作の道具が並んでいたりする。また、夕星に九天炉を作って与えており、そのメンテナンスもやっている。

右目の視力がなく、死角となる右側に立たれることを嫌う傾向にある。片目でも距離感は掴めているらしいので、あまり不便はしていない。

二つの身体

人間の身体と影の身体をもち、それぞれが別の意識と人格を持っている。生物としては同一個体だが、人として見るなら別々の人物である。なにかと便利なことが多いようだが、人側も影側も「プライバシーの欠片もない」とそれぞれを酷評している。

影は基本、「影」としてしか存在しないが、触れられるものとして人の形に具現化することもできる。ただし、妖力の消費が激しいようで、十分と経たないうちに人側が寝たり倒れたりしてしまうようだ。

なお、影側は「影丸」と呼ばれることもあるとかないとか。この名前で呼んだ場合、それが皮肉でなければ、人側と別の人物として認識されたとして若干喜ぶ。

容姿

髪は白磁色で、アホ毛が生えている。後ろで一つに結んでおり、結んだ髪は重力を無視してふよふよと浮いている。服は彼曰く「適当な布をそれっぽくつなぎ合わせたもの」。

性格

人側

争いを好まず、怒ることはめったにない。できる限り相手の意見を尊重しようとするが、商品の値切りなどについては絶対に譲らない。女性を相手にするときは、ちゃんと異性として対応する。ただし、恋愛対象としてはまったく見ないようだ。

影側

人側とは真反対な性格。強気で自信過剰な部分があり、思ったことはすぐ口に出す。あまりにも鈍感な人側に助言することもあるが、大体は意味が伝わらないので半ば呆れている。

能力

影を裂く程度の能力
能力について聞かれたときに、その場しのぎで言ったもの。具体的な意味は特にないようだが、彼の影は他人の影に触れられるため、そのあたりから発想したものだと思われる。

戦闘

妖力が強いほうではなく、前述の性格も相まって戦うことはほぼない。少女たちの遊びである弾幕ごっこにも当然参加しないため、強いのか弱いのかは不明。

関連記事

親記事

異空郷 いくうきょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「雲翳朔丸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3837

コメント