ピクシブ百科事典

双葉捺依

ふたばなえ

双葉捺依とは東方二次創作企画、「異空郷」での東風谷早苗のポジション となる人物である。
目次[非表示]

双葉捺依が登場する異空郷についてはこちらからどうぞ。

概要

種族人間(現人神?)
二つ名異空を彷徨うハイカラ巫女・自称現人神の少女・現代っ子な巫女見習い
職業巫女(見習い)
能力陰陽を操る程度の能力
主な活動場所的馬神社など
年齢少女と言えるぐらいの歳
身長やや高(約163cm↓)
誕生日7月8日
嘘テーマ曲ロストジェネレーション〜Shrine maiden commonplace

容姿

捺依ちゃん修正しまーした!


金髪のショートヘアーで髪は全体的に左側に流れている。はねっ毛。頭にアホ毛がついている。瞳の色は黄色(金色?)。赤と白(少し赤みがかっているが)の典型的な紅白カラーの巫女服となっている。スカートの丈は枇文より短めらしく、靴は明るい茶色の靴を履いている。

性格

現代っ子で異空郷の人には難しいようなことを言う(外の世界についてなど)。外の世界から来たので、あまり異空郷に馴染めておらず自分の常識が通用しないようで困っている。自分の常識と他の人の常識があっていなくて悩んでいるが、大体は自分が正しいと思っている。簡単に性格をまとめるとクズで自意識過剰、自信過剰(ナルシスト気味)でいい加減。だが、根は真面目で優しい。自分が可愛いことや美人なことで悩んでいる。自分のことは棚にあげるタイプ。意外に真面目・冷静に対処する時もあり、中々に面倒くさい性格。すぐ調子に乗るのだが、隙が多くそこが弱点ともいえる。ただ根はいい子なので、情に弱く時々優しい。無神経で何でもズケズケと聞いてくるのだが、その割には自分のプライベートを聞かれると答えない。

目立ちたがり屋で、自分の凄さや強さ可愛さをアピールしたがる。自分意外(認めた相手は別だが)を見下す癖があり、妖精相手などには強気にでるのだが、自分の敵う相手じゃないと悟ったときには一目散に逃げることを優先していたりする。とにかく自分中心、自分勝手で自分優先で動くクズなのだが、根はいい子で常識的な一面もあり、真剣な場面では誰よりも真面目に取り組む。クズさと優しさがいい具合のバランスなため憎みきれない。異空郷に馴染むためと、興味はないが守江に言われたので妖怪退治のまねごとをしている。だが妖怪退治は結構楽しんでいる節もあり、相手を倒すと強気になり調子にのる。妖怪には厳しめの態度をとっているが、守江や雫には敬語を使っている。

多弁でよく喋る(ほぼ自分のことだが)。人に話を聞く時も聞いといて話を聞かない。嘘も平気でつくが、それは意地っ張りな性格で正直、素直になれないため。秘密は破るためにあると思っているタイプですぐに口外する。絵が下手。寝相が悪く、早起きも苦手。お酒には弱いわけではないらしいが普通に酔う。捺依は枇文と違っておばけなどはへでもない様子(ただ、人並みの恐怖心はある)。直感的に動き弱い相手には好戦的。流行などに敏感で、人に流されやすく、信じ込みやすい。面白いことが好きで、わちゃわちゃした所に混ざりたがる。無責任なので、人望が少なかったりもする。自身のことを(自称)現人神と言っており、偉そうにしてくる。本当に現人神なのかは分からない。ちょっとキザなところもあり、外の世界の人は皆捺依の様な人なのかと異空郷の人は勘違いしていたが、宇治谷皐子が異空郷に訪れた時にその誤解は解かれた。

能力

陰陽を操る程度の能力

宇宙の万物を支配する二つの相反する性質を操ることができる。積極的なものを陽、消極的なものが陰である。その相反する二つの性質を取り替えることができたり(太陽と月を入れ替えたり、熱いものと冷たいものを入れ替えたりなど)、二つの相反する性質のものを能力で取り出せたりなど、使い勝手のある能力。ただし、性質の一つを入れ替えたり手にしているときにもう一つの性質は操れない。規模がデカイものだと霊力の消費が激しかったり、結界・陣をひいてからではないと操れないものもあり、そこら辺の加減は本人もあまり把握しきれていない様子。なので、規模がデカイものを動かすときにはかなりの隙がうまれてしまう。ただ、規模のデカイというものはあくまで捺依がそう思っているだけであり、捺依が「こんなのを操るのはへでもない」と思ってしまえば、月と陽を動かすことさえ簡単になってしまう(ただ、やはり霊力はかなり持っていかれる)。

武器

武器は主に梓弓を使用し、弾幕で出来た矢を飛ばしてくる。

他のキャラとの関係

明神積守江

捺依は守江の巫女という関係。一様、神様なので敬意ははらっているようだが、よく神というものを知らない、というか興味があまりないので「凄い人なんだな」ぐらいの認識をしている。ただ、やはり神様ということを意識しているのか一歩下がって接している。捺依が困った性格のせいか神である守江も少したじろいている。巫女という実感を持ってほしいので、よく異変解決などに行かせたり東雲の巫女と戦ってこいと言ったりしており、我が子の成長を見守り手助けをする親に見えてくる(親ではないが)。

天白雫

守江同様、神というものに興味がないため「凄い人なんだな」ぐらいの認識。ただ、やはり神様ということを意識しているのか一歩下がって接している。雫も捺依の性格には守江と同じく困っているようで、手がつけられないご様子。巫女という実感を持ってほしいので、よく異変解決などに行かせたり東雲の巫女と戦ってこいと言ったりしており、我が子の成長を見守り手助けをする親に見えてくる(親ではないが)。

東雲枇文

捺依と枇文は仲がかなり良く捺依は枇文の実力を認めており、枇文に判断を委ねる時もありお互い心を許している。が、枇文は同じ巫女として捺依にライバル心を少し抱いているため、捺依に対してツンデレ気味で素直になれなくなったり喧嘩してしまったり。いつも周りを振り回す側の枇文を振り回している。枇文の性格が優しく大体何でも許して受け止めてくれるので、捺依の性格に一番相性がいい。そのため捺依も枇文と居ると心地がいいようで遊びに行く、喋りに行くためよく東雲神社に顔を出すらしく、夕星に劣らないほど通っている。まさに困った時は枇文頼みである。因みに枇文と捺依のお互いのイメージカラーは青と黄色(橙)で、補色の関係にある。

九霄夕星

仲はそこそこ良いぐらい。夕星の実力を捺依は認めている。最近どちらが東雲神社に多く顔を出しているかで喧嘩したらしい。夕星は捺依の性格にかなり困らされているらしいが、同様に捺依も夕星の性格には困っているらしくお互い様である。

チャームカード

世符「一世風靡の現人神」
世符「皆平等な世界へ」
廻符「月を返して陽とする」
対符「相反のイン・ヤング」
秘符「森羅万象の陰陽」
結界「セーマン・ドーマンの五行」
対立「天と地の中間地点」
結界「陰陽太極図」

三次創作

異空郷でのCP

明神積守江×双葉捺依 かみなえ
天白雫×双葉捺依 しずなえ
双葉捺依×東雲枇文 なえひふ

関連記事

親記事

異空郷 いくうきょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「双葉捺依」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22071

コメント