ピクシブ百科事典

高麗鶴光忠

こまづるみつただ

日本の太刀の一つ。

概要

高麗鶴光忠とは、長船派の祖として語られている光忠の太刀である。小早川氏の当主・小早川隆景が所有していた刀として有名。しかし、玄洋社の杉山茂丸が、中心先に「守家」の銘がかすかにあるのをいいことに小早川隆景佩用の光忠と称し「高麗鶴」と金象嵌を入れさせたものであるらしい。
現在、その行方がわからない。

関連タグ

燭台切光忠 太刀 日本刀

コメント