ピクシブ百科事典

鷺宮しおり

さぎのみやしおり

「女子高生の無駄づかい」に登場する「無機質系天才少女」。通称「ロボ」

CV:豊崎愛生

概要

さいのたま女子高等学校(通称:さいじょ)1年生。
「バカ」こと田中望や「ヲタ」こと菊池茜とは小学生時代からの友人で、3人でよくつるんでいる。

常に無表情のポーカーフェイスであり、田中から「感情が死滅しているから」ということで「ロボ」と呼ばれている。だが感情が無いわけでは無く、稀に感情的になることもある。
つけた自分もあだ名が欲しいという田中に「二頭身」「雑魚キャラ」「家族が裸族」と悪口にしか思えないあだ名ばかりを提案した。しかも田中がいない所では彼女のことを「カス」呼ばわりしたこともある。

家で微生物をペットとして育成しており、しかもそれらを入れたシャーレを持ち歩き、あまつさえ学校にまで持ち込んでいる(アニメでは空気に触れると厄介なものも含んでいるという)。
田中や菊池とは対照的に寡黙な性格だが、かなりの天然かつ毒舌(特にバカに対しては辛辣な発言が多い) で、加えて田中ほどではないが奇行も目立ち、電車のオトノマペをまったく気づかれないほど再現したり、自分が作った迷路で“不老不死で天涯孤独”のゴールに辿り着くとニヤついたり、トイレでは奇怪な音を出したりと、何の前触れもなく意味不明な行動を取ることがある。
こう見えて割とせっかちな性分なようで、待つのは3分までと決めており、下校直前に雨が降り出した際には傘がないにも関わらず止むのを待たずに帰ろうとした。

頭が非常に良く、中学の時は田中や菊池とは別の進学校に通って中学の全国模試では一桁台をとっているとの噂が立つほど。その彼女がなぜ(4歳児の知能レベルと同じ偏差値しかないと言われる)さいじょを受けたのかというと、菊池曰くその性格故にその学校では孤立していたようで、それが影響しているのではと言われている。中学になってから長らく疎遠だった田中が彼女が自分達と同じさいじょを受けると聞いた際にそれに納得できずに説得しようとしたら「私の人生を勝手に決めないで」と感情的になったことがある。

「マジメ」こと一奏は同じ中学から彼女と親しくなりたいと思っているが、その過程で田中をストーキングしたりと色々空回りしている。

関連項目

女子高生の無駄づかい 田中望 菊池茜 一奏

ゆんゆん…マジメの中の人が演じるキャラに付きまとってるという本作と逆の展開をした中の人が演じるキャラ

関連記事

親記事

女子高生の無駄づかい じょしこうせいのむだづかい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「鷺宮しおり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 104980

コメント