ピクシブ百科事典

黒井マヤ

くろいまや

黒井マヤとは小説及びそれを原作としたテレビドラマ『ドS刑事』の主人公格。

25歳。所属は警視庁捜査一課殺人犯捜査第三係→静岡県警捜査一課→警視庁捜査一課殺人犯捜査第三係。階級は巡査部長。口癖は「バッカじゃないの?」で笑い方は「ウヒャヒャヒャヒャ」。結婚志願者の模様。出身中学は名門・黒百合女子学園中等部。
警察庁次長の黒井篤郎を父に持つ。その権威を駆使し僻地に飛ばされた刑事は数知れず。
黒い長髪に陶磁器のような白い肌を持つ長身の美女。高い推理能力と洞察力の持ち主で千里眼
しかしその美貌と能力に反し内面は酷く歪んでおり死体を見たいという理由で刑事になったほどの猟奇マニアで刑事としての正義感は皆無。無残な死体をたくさん見たいからという理由で殺人犯の正体を掴みつつもあえて見逃したり、犯人の悲惨な過去やトラウマをあぶり出し精神的に虐げ自殺に追い込もうとしたり、ガイシャの死に際のポーズが気に入らないと「美しくない」と評し、勝手にポーズを変えたりするなどと刑事としてどころか人間として非人道的なを繰り返している。サディスティック傲慢かつ高飛車な性格で主人公の代官山をたびたび振り回す。「代官様」のあだなを命名したのは彼女。好きな監督はダリオ・アルジェント。度々殺人現場からガイシャの遺品や身体の一部をコレクションとしてアングラで売買するなど非合法的な行為に出ることもある。年下や部下には容赦なく、(上司ではあるが)年下の浜田には度々重傷、殺傷レベルの仕置きをしている。
テレビドラマ版での演は多部未華子。原作ではロングヘアーであるがドラマ版ではショートへアーとなっている。地上波での放送か、原作での猟奇趣味という過激な要素はカットされている。
困った顔が見るのが好きな多少性格に難のある性格の美人刑事という設定となっており、刑事になった理由は「犯人をいたぶれるから」。犯人の恥ずかしい過去や秘密を暴露することによって犯人を精神的に追い詰めるのを好む。黒コートを着用しており常時から鞭を所持している。口癖は原作と御馴染みの「バッカじゃないの?」に加え「代官様、行くわよ!」と「ファイト!」。今回のドラマ主演で多部未華子は新たに評判を得た。

pixivに投稿された作品 pixivで「黒井マヤ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2323

コメント