ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ネコ型ロボットとはドラえもんドラミを代表とするロボットの総称である。
ドラえもんの原作及び、それを準拠としたアニメ作品では他にミニドラぐらいしか派生のネコ型ロボットは登場しないが、派生作である『ドラえもんズ』・『ドラベース』には多数のネコ型ロボットが登場する。
そしてこの世界では色んな職業や技能のネコ型ロボットが存在し、ドラえもんそっくりなロボットも居れば、人間型のアンドロイドなど異なる形態のロボットも存在するが派生作品を見る限りネコ型ロボットがロボット市場の多くのシェアを占めていると思われる。

スタンダード

「ぼく、ドラえもん。」


ただ単にを模しているのではなく、直立歩行(二足歩行)が可能で耳があった頃のドラえもんのようなフォルムのロボットが他にもおり、『ドラえもんズ』のドラえもんの親友ロボットは全てドラえもんと同様の形態である。これはドラえもんが量産型のネコ型ロボットである所以だと思われる。
ただしドラえもんはネコ耳を失っているが他のネコ型ロボットは基本的にネコ耳が存在する。
基本的なサイズはドラえもんの身長129.3cm、体重129.3kg、パワー129.3馬力。頭の周り、胸囲、足の長さも129.3cm。(量産型なので)
フォルムがドラえもんと同じでもミニドラのようにサイズが異なるロボットも存在している。
皆、味の好みの差はあれどドラ焼きが好きである。

特殊型

ノラミャーコさん


ドラえもんの形式とは異なるロボットの用途に特化したネコ型ロボット。
初登場はやはりドラミだと思われる。しかしドラミはまだ体型的にはドラえもんに近く、顔だけがドラえもんと大きく異なる。
画像のドラえもんのガールフレンドロボットのノラミャーコも初期はドラえもんを縦に引き延ばしたような形態をしていた。
ドラベースにおいてはクロえもんのようなドラえもんと同系ロボットもいるが頭身が高かったり、人型に近いネコ型ロボットも登場している。
しかしほぼ共通してドラえもんのように手足の先端部はゴムマリのような球体である。
ドラえもんズの王ドラの恋人のミミ子さん(アニメ未登場)はネコ耳の人型ロボットであるがネコ型ロボットの分類に入るのだろうか?

派生型

ネコ型ロボットの他に様々な動物を模したロボットも存在している。
本物のタヌキ型ロボット、イヌ型、ブタ型など。

関連タグ

ドラえもん ドラえもんの登場人物一覧 ドラえもんズ ドラベース

関連記事

親記事

ドラえもん どらえもん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「22世紀のネコ型ロボット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10009

コメント