ピクシブ百科事典

D.520

でぃーごひゃくにじゅう

第二次世界大戦で活躍したフランスの戦闘機。
目次[非表示]

D.520とは?

D.520とは、第二次世界大戦で使用されたフランス空軍戦闘機である。
操縦性が優れておりMS.406の後継機として期待されたが、部隊配備が遅れ戦局を変える程の活躍は出来なかった。ドイツとの休戦後も生産が続けられ、ドイツ軍イタリア軍で訓練用に使用された。日本では「デヴォアティーヌD.520」と表記されることが多い。

概要

エミーユ・ドボワチーヌ(デヴォアティーヌ)率いるドボワチーヌ(デヴォアティーヌ)社によって開発され1934年から開発が進められていたD.513、D.514を発展させた形で開発されたD.520は、MS.405の後継機として1938年10月に初飛行した。試験飛行の成績はあまりよくなかったが、エンジンの換装、ラジエーターの配置の変更、方向舵の改修等を行った結果、空軍の要求をクリアした為、1939年に量産型の発注を受けた。

D.520は、敵となったナチス・ドイツのBf109よりは低速であったが操縦性で優れ、頑丈で扱いやすい機体でもあった為、実戦部隊では好評であった。しかし、生産工場でエンジンの整備や武装の調達が遅れたために生産が進まず、部隊配備が遅延した。そのため、部隊で使用され始めたのは1940年5月半ばからとなり、MS.406からの転換も十分に進まないまま休戦になってしまった。それでも、休戦までに437機が生産されている。

休戦後は、ヴィシー政府軍の戦闘機として使用された。また、ドイツ軍により生産が再開され180機程が生産された。一部の機体は、ドイツ軍やイタリア軍において訓練機として用いられた他、ブルガリアにも送られて防空戦闘に使用された。連合国によってフランスが解放された後は、連合国軍側にも多くの機体が参加した。戦後もフランス空軍において1953年9月まで本機は使用されていた。

緒元性能

全幅:10.2m
全長:8.8m
全備重量:2780kg
発動機:イスパノ・スイザ液冷エンジン910馬力
最大速度:529km
上限高度:11000m
乗員:1名
航続距離:998km 武装:7.5mm機銃×4 20mm機関砲×1

関連タグ

フランス軍戦闘機軍用機

関連記事

親記事

レシプロ戦闘機 れしぷろせんとうき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「D.520」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1738

コメント