ピクシブ百科事典

DotArray

どっとあれい

MMD の .pmd ファイルを作成できるモデリングツール。

いぬふと(ステマニP)氏により作成され配布されている。
たぶん、無料配布である。(ライセンス表記が不明瞭)
ドットを打つ感覚で、モデリングできる。
キューブ状の集合体(部品)に 関節(ボーン)をつける効果を持つ。
MMDで使用する .pmd型式を生成できる。
----------------------------------------------------------------------
1:このアプリを使用する為には、

Visual Studio 2013 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ

DirectX エンド ユーザー ランタイム

をインストールしておく必要がある。(htmlマニュアル情報)
----------------------------------------------------------------------
2:関節(ボーン)を配置する方法

最初に配置するボーンをセンターと呼び、
上半身 下半身 の2つの構造に分かれる。(.pmd のテンプレ)
センター に近いボーンを (親)ボーン 、
その次に設置されるものを (子)ボーン と呼ぶ。

ボーンは 同じ名前のボーンを (親)(子) で配置すると2つの部品を連結する。
センターと連結した 部品A に Cと命名したボーン を設定する時
部品A に Cボーン(親) を配置
部品B に Cボーン(子) を配置
=センター >???> 部品A(親) > 部品B(子) と設定される

ボーンの消去は 1:(子) 2:(親) の順番に消さないと消えない。
(配置されたボーン を選んで Delete キー を押すと消去。)
配置されてないボーンのみ、再設定 が可能です。
(ボーンメニュー の ボーン を ダブルクリック で設定表示)
----------------------------------------------------------------------
3:MMDで使用する .pmd型式を生成できるが

生成した .pmd ファイルを 購入したメタセコ4 で読み込みたい場合は、
vpvp wiki で紹介されている 塩肉亭 の メタセコ用プラグインが必要。
仕様上(?)ボーンの設定情報は崩れるがオブジェクトは維持される。
最新のメタセコはボーン設定できるのでそこで修復してください。(4.3~)
----------------------------------------------------------------------
4:注意 (2.1.0 と 2.2.0)

左に 部品 と ボーン の メニュー があるのですが
ボーン の メニューしか見えない場合は、下に 部品メニューが隠れているので
ボーンメニュー 上の境界線 を 下に引っ張ると
部品メニューが見えるようになります。
----------------------------------------------------------------------
5:更新履歴

2.3.1 部品のカラーを半透明に出来る VS2013 VC++ランタイム必要]
2.2.0 ボーンを中間に配置できる VS2013 VC++ランタイム必要]
2.1.0 関節がつけられる Microsoft VC++ 2010ランタイム必要]

旧バージョンで作成したデータを新バージョンで読むことはできますが、
新バージョンで保存すると旧バージョンでは読めなくなります

現在このアプリは vpvp wiki で紹介されていない。

pixivに投稿された作品 pixivで「DotArray」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3478

コメント