ピクシブ百科事典

Dr.トモウキ

どくたーともうき

Dr.トモウキとは、サルゲッチュ3に登場するキャラクター。
目次[非表示]

CV.藤原啓治

概要

28歳独身。知能指数は1300。身長は190cm(頭髪込み)、体重は65kg(頭髪込み)。
スペクター」に協力する数少ない人類。
口癖は「Perfect!」「That's right!
巨大なアフロヘアーと、スペードのマークをあしらったスーツが特徴。
サルゲッチュ3に登場する敵ロボット『テレボーグ』の開発者。
作中での言動から、アキエさんとは何らかの関係がありそうだが…

ボスとして

トモウキシティの最奥部にたどり着くと彼が操るトモウキそっくりのロボ『トモウキング』と戦闘になる。
主人公の攻撃は変身も含めて一切通用しないので、こちらもアキエが用意してくれだロボットに乗って戦うことになる。
背中についているネジが弱点。

ちなみに戦闘曲はDr.トモウキのテーマ曲に、バッハが作曲した「インベンション第13番 イ短調」を加えたもの。

攻撃方法

  • ミサイル

上空に向けて無数のミサイルを発射した後、地面に出現したマークに向けて落とす。

  • ライフル
移動しつつ、手に持っている光線銃で狙撃する。

  • ラグジュアリィビーム
トモウキング最大の技。
専用のカットインが入った後、口からビームを発射しながら回転する。
ビームを放っている間は無敵状態なので攻撃しても無駄。

関連タグ

サルゲッチュ アフロ
スペクター サトル(サルゲッチュ) サヤカ(サルゲッチュ) アキエ




















ネタバレ注意




















トモウキとの戦いに勝利すると突如アフロがずれ落ち、なんとピポヘルをかぶった頭が現れた。
実は彼はかつてハカセとアキエさんと共にピポヘルの開発・研究に取り組んでいたが、その実験中の事故により、頭にピポヘルがくっ付き、外れなくなってしまった。

人生の歯車を狂わされた彼は、スペクターと共に世界征服のために悪事を働くことになった。

自らの過去をサトルとサヤカに話した後、前まで信頼していたスペクターから「なんだその頭は!」と馬鹿にされてしまう。
直後にサトルが必死にトモウキをかばう姿を見て改心し、以後サトルとサヤカに協力してくれる。


宇宙ステーションの最奥部にたどり着くと、「二つの楽園計画」という計画の詳細が明かされることになる。
それは宇宙ステーションに付属された「ロケットチョップ」で地球にチョップをぶつけ、真っ二つになった地球の半分をピポサルの楽園にするという計画だった。
低年齢向けのゲームとは言えいろいろと突っ込みどころが多すぎる計画である。

ちなみにもう片方は本来はトモウキにあげるつもりだったが、裏切ったので人間たちで勝手にしてくれとのこと。

その後スペクターを破るが、ロケットチョップはすでに地球のすぐ手前まで迫っていた。
トモウキはロケットチョップの開発者でもあるため、チョップを止められると語った後、サトルとサヤカを宇宙船に乗せ、先に地球に帰還させる。

だがロケットチョップを止める方法は本体連動式の自爆機能を用い、ステーションごとチョップを爆破させる以外に無かった。
しかし、トモウキは躊躇せずにその自爆スイッチを起動させ、爆発する宇宙ステーションと運命を共にした。


…と思われたが、エンディングでテレボーグ「1182号」と共に無事生還していた。

pixivに投稿された作品 pixivで「Dr.トモウキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4188

コメント