ピクシブ百科事典

GAMBOL

がむぼーる

ズズン タン ズズン タン ワォワォワォワォ  [GOOD 1]

作曲者はSLAKE。初出は1st style。
3rd Styleで一旦削除されたものの、9th Styleで隠し曲として復活し、現在に至る。
総NOTES数は137。IIDX最低難易度である☆1。
但し2nd Style(と家庭用3rd Style)までは☆2。
ムービーはVJ GYOなど若き頃のスタッフたちが出演する刑事ドラマ風だった。
因みにムービー中のdj.TAKA氏に似ている人はIIDXの筐体設計者であり、別人である。
SPとDPで最初の1ノーツ目の声ネタが違う所も特徴。


ここまで見ると練習曲とも思えるが、世の中そんなに甘くなかった



後にGAMBOL判定と言われるほど厳しく、GOODがでやすい
いや、GOODが最高判定とも言わしめるほどの猛威を振るった曲である。

10th StyleではWEEKLY RANKING課題曲に選ばれたが、当時は上記の辛判定に加え、ハードウェアの問題で全体的な判定が狂っていた為、RANK AA以上を出した者は誰一人現れなかったとか。


そんなこともあってか長らくANOTHER譜面は存在しなかったが、CS版IIDXRED限定で登場。
難易度は☆8+(現在の☆10以上に相当した)。譜面の配置自体はHYPER譜面と変わっていないが、HYPER譜面以上に判定が辛く、なんとPGREATとBAD、POORしか出ない。
スクラッチのみ通常GREATは出るが、やはりGOODは出ない。

通常GREATとGOODは仕事しない、イチかバチかの判定だった。

ちなみに、鍵盤のPGREATの判定は1フレーム分しかないという。
12 HAPPY SKYより追加されたNORMAL譜面は、譜面構成こそHYPER譜面と同じだが判定が通常のものになっている。

派生作品

SOUND_VOLTEXにおいて、初のコンテストとなる「第1回スピードアップコンテスト」のREMIX対象曲にまさかの選出。
応募された作品の中から・・・・・・「Daisuke Ohnuma」によるGAMBOL(dfk SLC rmx)が見事採用された。
ちなみに彼は、同じく初のコンテストである「ハイテンション4つ打ち楽曲コンテスト」においても、香港功夫大旋風で採用された。

なおSDVXでは、判定幅の違いが楽曲によって異なるということがないので、元バージョンを踏襲したシビアな判定は存在しない(後述するINFINITE譜面も同じ)のでご安心を。
また、SDVXの第1作ではこの曲に限り、選曲画面でこの曲を選択している状態でVOL-Lを操作していると、稀に「第4のジャケット」と称されたジャケット画像が現れることがある、一種のおまけ要素があった。
第2作となるIIでは、第4難度となるINFINITE譜面が途中から追加され、「第4のジャケット」とされているものが使われるようになった。

pixivに投稿された作品 pixivで「GAMBOL」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1383

コメント