ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

新幹線並みの高規格路線でありながら単線であるほくほく線内で特急列車の運行を邪魔しないために高加減速・高速走行が可能なハイスペック車として新潟トランシスにて12両が製造。

最高速度110km/h、起動加速度は3.0km/h/sで、高速域まで無駄なく伸びる加速力が特徴。

主電動機はMB-5067-A(1時間定格95kW)、制御装置はMAP-104-15VD54(三菱IGBT)。


北陸新幹線金沢開業により特急が廃止された後に設定されていた最速達列車「超快速スノーラビット」の越後湯沢~直江津間の表定速度は驚異の88.2km/hに達し、廃止されるまで別途料金のかからない列車では最速であった(新快速の米原~姫路は約83km/h、マリンライナーの岡山~高松は約82km/h)。

一部車両はシアタートレイン「ゆめぞら号」として走る。

「ゆめぞら号」は塗装も一般車とは異なり、赤い帯が2本入っている。


今後の予定

2018年に北越急行から「平成36年(=2024年、令和6年)にトイレ付き新車へ順次置き換える」という計画が発表された。

しかし、その2年後に発生した社会情勢の変化による経営環境の変化により、その計画は白紙にされた可能性が高い(2023年2月の利用者からの意見への返答にて「2024年度の新型車両導入は考えておりません。車両の導入には大きな経費がかかるため慎重に検討してまいります。」と回答している)。

これは一部ユーザーの憶測となるが、前述の快速運転取り止めはHK100形の延命も兼ねている可能性がある。


関連イラスト

HK100型ほくほく線ありがとう、はくたかたん


関連項目

北越急行

ほくほく線 新潟トランシス

JR東日本 上越線

関連記事

親記事

北越急行 ほくえつきゅうこう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10591

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました