ピクシブ百科事典

目次[非表示]

Jukeとも言う
Juke(ジュケ)とは、ニコニコ生放送の配信者である。2010年4月22日にコミュニティを開設。同年4月26日に満1年半以上引退していた、永井兄弟をニコニコ生放送に出演させたことで知られる。

細かい説明が書いてあるが、読むのすらめんどくさいという人が多いと思われるので短く記す。

ジェーユーケーイーに逆らえない永井を売名に使い、自分の自慢話を垂れ流す(主にネトゲ)発情期の廃豚。スルーできない極度のNGマニア。容姿は緑曰く、豚というよりゴリラ。

以下、豚=Jukeである。

概要

2010年4月26日の永井先生ひろゆき兄弟の復活、ニコニコ生放送進出によって一躍注目を集めた。というのは、彼が自身の放送で、永井兄弟をSkypeにてゲスト出演させたからである。本人曰く「配信を嫌がっていた永井先生を、親友である俺が1年間説得して連れてきた」らしい。
永井兄弟登場前はコミュ人数4人だったが、登場後1日で1万人&レベル99突破した。5月17日の時点で1万7千人前後が参加している(2010/05/18現在、最初の4人はコミュから消え去った)。現在はコミュ人数減少傾向にある。
自称配信暦11年の40歳(もともとはPeercast配信者であり、佐々木健介(peercast)や鮫島(配信者)とも面識があるらしい)。
永井先生とはPeercast時代から友好関係にあり、リアルでの付き合いもある。
永井先生復活の場を作った功労者として評価されている一方で、「売名行為をしている」「永井先生を利用している」など否定的な見方をする者も少なくない。
永井先生にブログを書くことを執拗に強要していたことから、公式サイト管理人なのでは?という疑惑も挙がっている。しかし、「わざわざ自前の公式サイトを更新せずに新しくブログを立ち上げる必要があるのか」という疑問を投げかける者もおり、真相は不明である。
言葉遣いの悪さやスルースキルの低さなどが露見し、現在視聴者との間に軋轢を生んでいる。
ゆきとは彼との生放送の中でこれについて、「16000対1」という言葉を残した。
永井先生のニコ生進出はニコニコに多大な影響を与え、放送は満員、ミラー放送が多数作られるなど盛り上がりを見せている。
否定的なコメントを書くと即NG、「スルーして!」等の良心的なコメもBAN対象の為、人数の割にはコメントが過疎るという現象が起こる。しかも184でコメントできないため、NGされた場合は生IDでのNGとなる。
ただし、NGに入れられたリスナーのコメントも見て拾っていたため、NGにする実際上の意味はほとんどなかった(現在ではコメントビューアーの仕様が変わったためNGコメントは見ることが出来ない)
特に6月以降、W杯の試合が無い日の配信では約1000人以上のユーザーをNGという処置を取ったために、コミュ人数のわりに来場者数もコメントも異常に少ないという事態が頻発するようになる。その対策としてJukeはNGユーザーを解放し、再度煽ってNGにし、また解放し・・・という循環作業を行うようになったが、一般リスナーからすれば荒らし行為をするNGユーザーを解放する意図を理解することは難しく、更にリスナー離れを加速させたという声もある。

歴史

2010年
4月22日に、ニコニココミュニティに自分のコミュニティを立ち上げる。名前は「Come Inside」。

4月26日午前2時5分に行った配信で、永井先生、及び弟のひろくんをゲスト出演させ、一躍注目を集めた。彼は兄弟の復活の場を作った者であり、配信の進行役を務めたが、基本的には「皆兄弟を求めているだろう から俺はじじゅう(自重)する」と、主には裏方に回ることを宣言した。しばらくは、永井先生とリスナーとの間でマッタリとしたやり取りが続いていく。しかし、途中からJukeは永井先生の発言を遮って自分語りを始め、それは長時間に及んだ。それに対し、視聴者がいい加減にしてほしいというコメントを書き始めると生放送の空気は一変していく。加えて、一つでも批判コメントが書き込まれると、それにいちいち突っかかったため、それがさ らにリスナーから顰蹙を買うこととなった。

そして同日の放送の中で、永井先生がアラジンチャンスの替え歌を歌ってほしいと頼まれる。そのBGMが流れる始めると、永井先生は歌うことを渋り、関係ない話でお茶を濁した。すると突然Jukeは、「ごちゃごちゃ言ってないで歌えやコラ!」と叫び、強引に歌わせた。この発言により、永井先生とJukeとの関係を疑う者も出始めた。後述の永井先生との関係の項目を参照してほしい。

この放送は4.26事件と呼ばれ、他の一部の生放送主は生放送中に厳しいコメントを出した。それらの一部は録画され、ニコニコ動画にアップロードされた。詳細は、下記の 他配信者の見解まとめ(一部)に纏められている。

5月13日午前4時ごろに、永井先生と共にシバターと対談する。

5月15日に、ブロッコリーからJukeのスカイプIDを聞き出した画伯から、スカイプチャットやメールなどを送られる。Jukeはこれに激怒し、永井先生とともに説教放送を開始。この際、ブロッコリーや画伯の画像を使い、二人の容姿も批判した。しかし、これが原因で運営からBAN(放送の強制停止処分)されてしまう。

この運営の態度にも激怒したJukeは、5月16日の生放送で永井先生と共に運営と画伯とブロッコリーを徹底的に批判した。さらに「著作権侵害」を理由に運営側に対してニコニコ動画にアップロードされている全ての永井関連の動画を削除するように要求した。そして永井先生は引退宣言を出し、2度と配信を行わないことを明言した。ただし、Jukeの方は単独でニコニコ生放送で配信を続ける意思を表明した。

余談であるが、Jukeのコミュニティに使われていたサムネイル画像(猫)は、NHK教育テレビの番組「天才てれびくんワイド」のCDのジャケットに使われていた黒猫の写真を少し加工したものである。

5月17日午前5:52の放送で、生放送主であるウナちゃんマンと対談した。ウナちゃんマンはJukeに対し非常に厳しいコメントを出したことで知られており、どうなることかとその光景が見守られたが、Jukeは終始ウナちゃんマンに対して低姿勢を貫いた。対談はJukeへの一方的な説教で終わった。なお、この対談の中で、Jukeは自身の生放送中での態度は単なる「キレ芸」であり、本心ではないと説明した。

5月20日の放送で、何事もなかったかのように永井先生が再度出演。

5月24日のPeerCast配信者であった、佐々木健介の復活に関しても触れ、Jukeは佐々木のことを「永井アンチと言っておきながら、(佐々木の放送に)来ているのは永井信者ばっかりというのが現実」「佐々木は永井を利用して売名をしている」と発言した。

5月27日に、Jukeの放送にひろゆき(永井先生の弟)が登場。途中、ワールドカップやサッカー日本代表の話題に繋がり、ひろゆきとリスナーとの間で盛り上がるが、Jukeはサッカーに興味がないようで話に加われなかった。

本人曰く「俺はサッカー全然興味ねえな、興味ねえってか分かんねえ」とのこと。そうこうしているうちに、Jukeが「前枠から変な奴が多いけどさ、せっかくひろくん久々に出てきたんだからさ、俺に構わず続けていいよいいよ」とひろゆきが単独で話し続けてもいいと言いだす。しかし、ひろゆきはJukeに頭が上がらないのか「いやあ、そんなの悪いっすよ本当」と答えた。

すると「じゃあ配信やめるかもう」「見ての通りの状況なんで」と切り出し、突然配信を打ち切ってしまった。なお、放送当時は、荒らしと思われる書き込みは殆どなく、Jukeもひろゆきもリスナーも終始まったりとした放送が続いていたにもかかわらず、である。その直後に再度放送が開始されるが、Jukeとひろゆきはサッカーに関する話題には一切触れなくなり、話題はスロット等に終始した。当然、リスナー達はには何が起こったのか分からなかった。

リスナーの中には、サッカーに関するコメントを書くものもいたが、それらは全て無視され、BANされるものまで現れた。

7月26日、Jukeと横山緑が電話でガチバトル。Jukeはブヒブヒループするだけであり、終いには売春島に一緒に行く、西日暮里に会いに行くなどと言い、更にブヒブヒ言い出したため横山緑は通話を切った。

その後Jukeは俺の完全勝利とブヒブヒ放送したが誰もJukeの勝利だとは思っていないだろう。この電話で横山緑はJukeに放送の改善;言論弾圧の緩和、もっとリスナーを思った放送への改善、永井メインの放送 を要求したが、結局ほとんど解決する見込みはないような返答であった。

8月3日から4日までの延長生放送にて引退をほのめかすアンケや発言などリスナーの煽りに対して解答したが自分をチキンと例え逃げ切った

結果的に「引退すべきか」というアンケに対して89.8%が引退すべきに賛成したもののjuke本人曰く「98%だったらもう少し配信自粛するつもりではあったがry」と言い、ついには「あれ?10%も俺のリスナーいるの?」と自分を追い込むような発言もしたのである。

8月31日 豚が緑との電話で「焼肉の後、吉原で11万5000円のソープを奢ってやった」と話す。緑は否定。この豚の主張は、翌日のピキり配信でも繰り返されるのだが、緑は豚と別れてから、1時間後に西日暮里の自宅にて放送を開始している。1時間で、ソープで行為をして帰ってくるのは不可能ではないか、というのが各種スレや掲示板での見解である。

9月1日 緑が自コミュの掲示板に書き込みをする。内容は「放送外で電話で延々と文句を言われる」「住所バレや守るものがあり立場が弱いのを握られている」、その為「着信拒否」をしたとのこと。これを受け、豚はいつものように猿を連れてピキり配信開始。猿が抜けた後も一人で続け、その長さは合計六時間に及んだ。「奢ったのに」と怒ったり、豚といわれたことに対して怒ったり、「仲間つれて家に行く」「まったんにも会う」「逃がしませんよ~」といった恐喝ととれる発言のループが延々と続いた。

永井先生との関係

jukeと永井先生の出会いは2007年7月21日と言われている。それはこの日の配信でキャプチャーボードPV3を設定しに永井家に訪問した人物の声がはっきりと配信にのっており、その声がjukeそのものだからである。また当時、永井本人が掲示板に書き込んだ内容から、設定した人物(juke)と永井はこの日以前に対面したことが無いと推測される。しかしなぜかこのことについて現時点でjukeは否定しており、2002年からの付き合いだと豪語している。

放送主のJukeのことを、永井兄弟は「自分達は親友」等と発言しているが不透明な部分は多い。

永井兄弟曰く「親友」である。

しかし、生放送中の永井先生に対する言動から、永井先生はJukeに対して頭が上がらないのではないか(上下関係が存在するのではないか)と考えている人間もいる。実際のところ、まとめサイトや外部の掲示板などでの「自称関係者」による書き込みしか情報が存在しないため、両者に何があったのかは誰にもわからない。

6月17日、サッカーの話題で盛り上がっていたが、豚はまったく興味がないと発言し、挙句の果てには話題についていけず、シュートが決まったのか兄弟が叫んだあと「テレビ消せコラ!お前ら糞兄弟!!この流れで。」と発言。

これにひろゆきはは「もうこれ消す消す!」とすぐにテレビを消し、豚をなだめた。

同じく17日、大音量で自分の歌声を流していた中、豚をスルーして兄弟が喋っていたとき、「静かにしろよ!この野郎!!!」と発言。これに反抗できない兄弟は「あー!」と言うしかできなかった。その後、永井は意味深なメタファー「気が狂いそう♪」と歌った。
7月26、すべて自分の力で107007人(現10000台に減少)のコミュを築きあげたが如く「永井の力で98?(レベル)確かに最初の1ヶ月はそういう風に散々言われたよ。でも今はどうだろうね、僕は永井兄弟ぶっちゃけいらないんですよ」と発言。

7月、永井が兄(たつ兄?)が同棲という話題を出した後「あのさぁ、兄貴が同棲したとかゆーなそういう個人情報バカがお前! ゆーな!ゴラァ!!! ドアホ!!」と豚が発言。豚自身はミュートにしていつも通り説教し、「おい再開するぞ!」と配信に戻ろうとしたがミュートに失敗したことに気づく。これまでなぜ不自然に音が途切れたのか、その謎を解き明かした時だった。兄が同棲しているのは、過去配信で誰もがわかりきっていることだが、豚はなぜかキレた。 これに永井は「アッ・・・(しまった) スワセンッ・・・スワセンッ」と小声で謝るだけだった。

8月、とうとう配信で永井本人の前で「お前歯糞やがお前 今のお前歯糞やが。 あ?歯糞黙れ」と発言。これに対して永井は「俺汚いし。Jukeさんなんてよう耐えてくれとるだって。 Jukeさんなんてそーとー優しいぞ。」と自分を自虐したような発言と豚をほめるだけで反抗しなかった。さらに豚低脳乙の発言で豚がリスナーにキレているところ、永井はいつも通り「だから、それしか言えんのやって」と援護したが「歯糞黙れ貴様!! おまえ空気読めなすぎなんだよ」と言われる。それからずっと歯糞発言しまくる。 それから豚に「お前が媚びてるから狂信者が沸くんだよ」と発言に対し、永井は媚びてねーしと涙声で発言した。

永井はjukeに対しては”こびる、ほめる、なだめる”しかしない状態にある。

pixivに投稿された作品 pixivで「JUKE」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15930

コメント