ピクシブ百科事典

Mr.ダルメシア

わんわんじゃない

ディズニーヴィランズのうちの一人、クルエラ・ド・ヴィル(出演作:101匹わんちゃん)の手下。
目次[非表示]

ワンッ!ダフルな概要

「みなさーん、こんにちわぁ。かわいい動物たちは『ワンッ!』ダフルぅ・・・大事にしましょうねぇ。ましてや毛皮を着るなんて、『ワンッ!』ビリーバブルぅ・・・。」

2015年のディズニーハロウィンに際し「人間をヴィランズの世界に勧誘する」目的で、マスターヴィランズに各手下たちが「人間を魅了する姿」へ変えられ、人間の世界に派遣された。
Mr.ダルメシアもその一人で、彼の正体は101匹わんちゃんのディズニーヴィランズであるクルエラの手下の犬(ダルメシアン)である。司会を務めるMr.Vからは「犬としての習性は、まだまだ隠しきれておりません。」と紹介されている。

キャラクター

エレガントでスマートな容姿をしているが、元々が犬だったため
・「ワンワン!」とリアルに吠える
・移動をするとなると「散歩か?」と嬉しそうに尋ねる
・他の手下に犬芸(お手やおかわり)を指示されると高速で反応する
など、犬の習性が抜けていない。

マスターヴィランズのクルエラを心から敬愛している。リクルーティング後、大勢のゲストの中からクルエラを見つけると大興奮で「My master! master-!!」と列を抜けて駆けつけようとし、Ms.スキャターに止められた。(その際クルエラは「わたしのかわいいボウヤ。」と発言していた。)

ゲストから名前を間違えられたり、「わんわん」呼ばわりされると「クルエラ様は犬と同じでなく自分だけの名前をくれたんだ!」と怒って訂正を求める。

服装はダルメシアンをイメージさせるようなモノクロ+ブチ模様で、マスターのクルエラを思わせる赤い手袋をしている。

プリティ・スカーからはダーリンと呼ばれ、熱烈な好意を持たれているが、本人は断固否定・拒否して冷たくあしらっている。(ただしプリティ・スカーに「お手」と言われると反応してしまう)

写真とってもいいのよ~?


他の手下、とくに手下女性陣からは度々犬扱いされる。
写真撮影をお願いすると、動き回って撮らせてくれないらしい。座っている時が狙い時。


決めポーズは両腕を横に掲げ、手を内側に向けた姿。


ジャックハートとは仲が良く、お互いに「友達」であると発言している。

「11/11は僕達の日」




他のリクルーターとの関係及びエピソード

ヴィランズレディ

プリティ・スカーダーリンと呼ばれ言い寄られているが、Mr.ダルメシア本人は嫌がっている。手下グリではスカーのポーズはせず、彼女からの投げキッスを遠くへ飛ばし、自分に向けられたハートのポーズはぶった切る。
ホック構ってほしいのかちょっかいをかけに行くが、思いっきり犬扱いされあしらわれている。ホックから「ハウス!」といわれたことも。
Ms.ハーデスハーデスの自己紹介中、後ろから彼女の頭の火をフーフーして消そうとする。
ファージャよく高笑いされる。お互いいがみ合いつつも、セイリングでは息のあった掛け合いをする。
ヴェール犬アレルギーを理由に嫌がれていることから、Mr.ダルメシアも彼女に邪険に扱われると吠えるなどして威嚇する。いたずらなのか嫌がらせなのか、彼女のベルを奪ったこともある。
メンズヴィランズ
エイトフットのジョー自己紹介中、エイトフット(と他の男性陣)に上着のブチの数を数えられる。逆にMr.ダルメシアがエイトフットの吸盤の数を数えていたこともある。
ジャックハート手下グリでジャックハートが手で作った双眼鏡で女性陣を覗いているのに混ざったり、セイリングでは肩を組んだりハイタッチやハグをするなど、お互い大の仲良しで、親友であることが確認されている。どちらかがいない日は友達がきていないことを寂しがる発言をする。
アップルポイズン「リンゴ」と呼んでいる。アップルポイズンに犬芸指示を連発されることが多い。
マルフィ一緒にゲストへポーズ指導に回るなど、仲はよい模様。ホックと二人で彼の角(帽子)を興味津々にいじっていたことも。(もちろん嫌がれていた)


ワンッ!ダフルな関連イラスト


手下詰め
わんわんさん




関連タグ

ヴィランズの手下
エイトフットジョージャックハート アップルポイズン ホック ヴェール(手下) マルフィ プリティ・スカー Mr.ポライト

この記事のカテゴリ

キャラクター・人名

関連記事

親記事

ヴィランズの手下 ゔぃらんずのてした

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「Mr.ダルメシア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2479794

コメント