ピクシブ百科事典

クルエラ

くるえら

クルエラ・ド・ヴィルとは、『101匹わんちゃん』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

クルエラ・ド・ヴィル(実写版ではクルエラ・デ・ビル)とは、ドディー・スミスの小説「ダルメシアン100と1ぴきの犬の物語」・およびそれを原作とするアニメ映画『101匹わんちゃん』、実写化映画『101』『102』に登場するキャラクター。
原作及びディズニーアニメ版と実写版では細かい点が異なる。

101匹わんちゃん(アニメシリーズ)

毛皮マニアであるデザイナーで、ロジャーの妻・アニタの昔馴染み。
原作小説では毛皮商人の夫(ド・ヴィル氏)がいる。

エキセントリックかつ非情で冷酷、さらには目的のためなら手段を一切選ばない性格。
ナニーとアニータが用意したマフィンや紅茶の入ったティーカップを灰皿代わりにするなど、素行の悪さが伺える

毛皮の中でも特に白黒のぶちに目がなく(髪の毛の白黒もそのため)、ダルメシアン子犬100匹を使って特製コートを作るためにペットショップで買いあさったり、手下のジャスパー・バダンとホーレス・バダンに誘拐させたりして子犬を集めていた。
子分のドジで子犬が脱走した際には、鬼の形相で犬達が乗ったトラックを崖から落とし殺そうとするなど(この方法では目的の毛皮が回収できなくなるのだが)執念深い一面も見られる。
が、最終的には別のルートで追跡していた子分らの車が横から突っ込んでしまい、互いの車は木っ端微塵に大破。打つ手が無くなり、2人に怒声を浴びせ泣き崩れた。

また、後にロジャーは彼女をネタにした曲を作ったが、これがまさかの大ヒットで、夫妻は巨額の富を得た。よっぽどあちこちから嫌われてたのだろうか・・・?

なお、続編の「101匹わんちゃんⅡ パッチのはじめての冒険」のラストにて子犬の誘拐で危険人物として逮捕された。
その後釈放されたらしく、TVシリーズではロジャー達が購入した農場を我が物にしようと様々な手を尽くすもことごとく失敗。その一方で本業のデザイナーとして、アニタを部下に雇うなどの行動にも出ている。

101、102(実写版)

名前がなぜかクルエラ・デ・ビルになっている。俳優はグレン・クローズ
アニタが働くファッションデザイン会社「HOUSE OF DEVIL(デビルの館)」の社長。

非常に傲慢で、自分に逆らうものは徹底的に叩き潰すなどもはや悪女と言っていいレベル。
結婚とテレビゲームを嫌悪しており、結婚したアニタを裏切り者呼ばわりし、ロジャー(実写版では作曲家でなくゲームデザイナー)に対して露骨な敵意を示し、口答えされると逆ギレするほど。

101匹わんちゃん同様、彼女の逮捕後にロジャーが彼女を悪役のモデルにして作ったゲームが大ヒットし、結果的に夫妻に富をもたらしている。
続編では行動制御治療を受け、エラ・ド・ヴィルと改名して仮出所した。邪悪な本性はなくなり、優しく、おしとやかで毛皮を拒む愛犬家として生まれ変わったのだが・・・

演者

財部宏子(映画第1作、1962年吹き替え版)
平井道子(映画第1作、1981年吹き替え版)
一城みゆ希(TVシリーズ以降の全メディア作品。1作目でクルエラを演じた平井が1984年に亡くなったため、その後任になった。なお一城は映画第1作でもアニータ役で出演している)
研ナオコ(OVA)
山田邦子(DVD版、実写版吹替)
塩田朋子(TV版)

余談

キャラクター名は、「冷酷無比な」という意味の形容詞・cruelと、「悪魔」の英語表記であるdevilをもじったもの。
また、彼女が作中で乗り回している愛車はパンサー・ド・ヴィルであり、これも名前に一役買っているのかもしれない。(ただし、本来は4ドアであるが作中では2ドア)
また、2020年には彼女を主役にした映画がアメリカで公開される。

関連イラスト

101匹わんちゃん: クルエラ
101



関連タグ

101匹わんちゃん 毛皮 デザイナー
プリンセスアイビー容姿がよく似ている彼女の進化系

関連記事

親記事

ディズニーヴィランズ でぃずにーゔぃらんず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クルエラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77439

コメント