ピクシブ百科事典

UVB-76

ゆーぶいびーななじゅうろく

「UVB-76」は、ロシア連邦(放送開始当時はソビエト連邦)から送信されている短波放送である。
目次[非表示]

概要

ロシア連邦内の送信所から送信されている短波放送。

保守点検のために毎日午前11時(モスクワ時間)から50分間停止する以外、ほぼ一日中、数秒おきに独特のブザー音が鳴り続ける放送を続けている。

なぜこんな放送がされているのかはで、世界中の短波受信家たちの間で議論が行われている。


歴史

初めての放送は1982年。
当初は短い電子音を流すだけだったが、1990年頃から現在のブザー音を流すようになった。

2010年6月10日に突如音が停止されたが、その後は何事もなかったかのように現在も放送を続けている。


放送について

放送方法

雑音等が聞こえるため、「ブザーを鳴らす機械の前にマイクを置いてブザー音を拾う」というアナログな方法で放送されている、と推測される。

アナウンス

ブザー音の合間に「UVB-76」とロシア語でアナウンスされる事もあるそうだが、これがコールサインなのかどうかは不明なんだとか。
また、稀にブザー音を停止してからロシア語によるアナウンスが入ることもあるという。

送信所

2010年6月5日まではロシア連邦ゼレノグラードとソーネチノゴルスクの中間地点にあたる、ポヴァロヴォ近郊のヴォイェニ・ゴロドックから送信されていた。

この送信所は以前放送内でアナウンスされた為判明したそう。
ちなみに移転後は廃墟になっている。



何があったんだ



放送が中断された後の2010年9月からは送信所が移転した。
現在はモスクワ州ナロ=フォミンスクの第69通信基地から送信されている。


目的についての説

さまざまな説が議論されている中で、主な4つの説を紹介する。

乱数放送説

国外にいるスパイへ向けて放送するのが目的、という説。
多くの音声メッセージに通話表(フォネティックコード)と数字の組み合わせがみられることからこの説が浮上した。

国内のロシア軍への通信説

放送用アンテナが簡易的なものであることから浮上した説。
2014年のクリミア併合直後に音声メッセージが発せられたことも根拠のひとつとされている。

機器の保守点検説

ある機器から発せられるブザー音を流すことで、機器が正常に動いていることを知らせているという説。

モスクワ生存信号説

首都モスクワが何らかの攻撃を受けた等の理由でブザー音が一定時間ストップすると、軍が独自に行動できるようにするための信号、という説。
2010年6月5日までの送信所もモスクワからおよそ40kmの所に位置している他、現在の送信所もモスクワ州に設置されている。

ブザー音




関連項目

放送 短波放送 ロシア

コメント