ピクシブ百科事典

バジリスク

ばじりすく

『バジリスク』とは、中世ヨーロッパの伝説の毒蛇。もしくはせがわまさきによる漫画作品。及びそれを原作としたアニメ作品。
目次[非表示]

幻獣・バジリスクの概要

名称はギリシア語で「王侯」を意味する語basileusに由来し、名前の意味も「蛇の王」である。
全てのの上に君臨する王であり、ペルセウスメデューサ退治の折、その血飛沫から生まれたと言われている。外見は何の変哲も無い蛇だが、頭に冠を思わせる文様があると言われる。
全身のあらゆる箇所にを持ち、その視線すら人を殺す(もしくは石化させる)程の力を持つ。その通り道にも人畜を死に至らしめる毒が含まれる、喉を潤したせせらぎは何世紀にも渡って毒の水が満ち溢れ草一本育たない、バジリスクをで殺した者はその毒が槍から伝わって死ぬ、地を這っているだけで空を飛ぶをも殺す、等と言われ、その毒の力が恐れられていた。
ただ、吸血鬼ほどではないが、バジリスクも弱点がかなり多く知られている幻獣である。
主な弱点として、
を見ると自分の視線が反射して自分を殺し(あるいは石化し)てしまう
・雄の鳴き声を聞くと一目散に逃げ出す、もしくは身もだえして死んでしまう。
イタチにはバジリスクのあらゆる毒が効かず、それどころかイタチの体臭はバジリスクにとって最大の毒である。
等がある。これらはバジリスク対策として、砂漠を渡る旅人達の常識であったらしい。

近年の児童文学やゲームでは、足が複数ある毒トカゲタイプのバジリスクや、蛇体だが全長が10mを優に越す怪獣のようなバジリスクも見受けられる。
毒トカゲタイプの場合、足の数は普通に四本であったり、六本、もしくは八本となることもあるようだ。かつて日本ではこのトカゲタイプが一般的だったが、映画「ハリー・ポッター」の第二作「秘密の部屋」の影響か大蛇としてのバジリスクの方が一般的となった。
その他の特色あるバジリスクとしては、「ソード・ワールド2.0」のバジリスクがある。蛮族(人類に敵対的な人型種族)の一員であり、普段は人型をしているが、巨大なトカゲ型の姿も取れる(ただし知性が落ちるため、こちらの姿になるのを嫌っている)。

ハリー・ポッターシリーズでのバジリスク

第二作「秘密の部屋」での部屋におけるキー存在として登場。日記に封印された「トム・リドル(=若い頃のヴォルデモート卿)」によって操られて暗躍。
「ハリー・ポッター」の世界観における「バジリスク」の主な特徴は次の通り。
・雄鶏の卵をヒキガエルが孵すことによって生まれる。
・万物を殺すとも言われるほど強烈な腐食性の毒を持つが、それ以上に恐ろしいのは直視した相手を殺すその視線である。
・数百年から数千年の寿命を持ち、高い知能を持つこともある。
劇中では学校の配管を伝って移動し、生徒たちを襲った。ただ、どの被害者もバジリスクの姿を直接見たわけではなくやレンズなどを透して見たため石化しただけで済み、最終的には薬で回復している。
バジリスクの毒は本当に強烈であり、そのことが第七巻「死の秘宝」においては重要な役割を持つことになる。

ダンジョン飯のバジリスク

「尾蛇類」と呼ばれるモンスター。
蛇の尾を持つ巨大な鶏。蛇の牙のみならず鶏の蹴爪にも毒を持つ。二つの脳に対し体は一つであり、二方向から同時に攻められると混乱してしまうのが弱点。
蛇と鶏を生きたまま分断した所、鶏はすぐ死んで蛇が生き延びたという実験結果から「蛇が本体で鶏は尾」というのが定説となっている。
また、卵も楕円形で殻が柔らかく卵白が無いなど蛇の卵の特徴を持つ。
主人公一行によって身はローストチキンならぬローストバジリスクとベーコン、卵はオムレツの材料として料理された。

近縁種、及び別称

コカトリス

上記のとおりバジリスクは雄鶏の鳴き声が弱点なのだが、どうやらその伝承が伝わる際に「バジリスク」という幻獣の性質と「雄鶏」というなじみ深いキーワードが混同されて「コカトリス」という別の幻獣となったらしい。
そのためコカトリスを「バジリコック」と別の呼び方でよぶこともある。
「バジリコック」としてのコカトリスは、伝承的には「バジリスクの同類だ」とか「バジリスクとは雌雄の関係にある(雄雌どちらかは不明)」等と言われている。
また、バジリコックは雄鶏が産んだ卵から生まれると言われているため、「雄鶏と言う弱点を克服したバジリスクの進化系だ」という説も存在する。
ただ、コカトリスが一般にニワトリの姿をしているのは「コカ」という発音からの連想である、と言う説も存在するため確実に「コカトリス=バジリコック」とは言い難いかもしれない。

ゲイズハウンド

Gaze houndとは本来は猟犬の分類であり、嗅覚より視覚獲物を捉えるものを指す(サイトハウンドとも言う。犬種としてはアフガン、グレーハウンド、ボルゾイサルーキ等)。
が、ウィザードリィ#1に麻痺攻撃の能力を持つモンスターとしてゲイズハウンドが登場。FC版において末弥純により八本脚のトカゲとしてデザインされ(それ以前のプラットフォームではカピバラと同デザイン)、事実上バジリスクに相当する存在として扱われるようになる。
#4ではLv3召喚モンスターとして登場。クラシック版・アレンジ版共に優先順位の高い有能な戦力。
#5では同じデザインでめでたく(?)バジリスクとして登場。能力も石化攻撃にパワーアップ。
寺田克也がデザインを担当したBUSINのゲイズハウンドは、顔つきは犬に近いものの脚は六本、体形や体色も犬とはかけ離れており、それでいてバジリスクにも似ていないまったく新種の魔法生物となっている。
余談だが、BUSINの登場人物・爆炎のヴァーゴはお供のゲイズハウンドにゴロタマという名をつけている。

メデューサリザード

ウィザードリィ#1に登場した石化攻撃の能力を持つトカゲのモンスター。
なぜかメデューサそのものは#5まで登場せず。
SS版リルガミンサーガではボーナスダンジョンにも出現。GBC版リルガミンの遺産では追加ダンジョンにメデューサのお供として出現。
BUSIN0のメデューサリザードは人間の女性と蛇を錬金術で合成したトラウマ物件となっている。

現実のバジリスク

中南米に生息する有鱗目イグアナ科のトカゲ。
鶏のようなトサカを持っているためこの名前が付けられたが無毒である。
たまにテレビの動物番組などで(短距離ではあるが)水上を走るトカゲとして紹介される。

関連イラスト

バジリスクさんとコッコさん
バジリスク



関連タグ

幻獣 コカトリス  ハリポタ

漫画作品「バジリスク〜甲賀忍法帖〜

山田風太郎の小説『甲賀忍法帖』を原作として作られた、せがわまさきの漫画作品。2003年から『ヤングマガジンアッパーズ』(講談社)で連載された。
詳細はバジリスク〜甲賀忍法帖〜へ。

pixivに投稿された作品 pixivで「バジリスク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2109092

コメント