ピクシブ百科事典

レオナルド・ダ・ヴィンチ

れおなるどだゔぃんち

『レオナルド・ダ・ヴィンチ』(Leonardo da Vinci)とは、中世イタリアに存在した歴史上の人物。
目次[非表示]

概要

正式名称は『レオナルド・ディ・セル・ピエーロ・ダ・ヴィンチ』(Leonardo di Ser Piero da Vinci)。

14世紀から16世紀にかけて、イタリアを中心とした西ヨーロッパで勃興した文化復興運動ルネサンス』で活躍し、ミケランジェロ・ブオナローティラファエロ・サンティと共に「ルネサンス三大巨匠」の1人に列する代表的な芸術家

芸術以外にも医学科学数学建築などに精通し、当時としても計り知れない先進的、且つ莫大な知識を示したために「万能人」の異名を持つ。

来歴

1452年4月15日、トスカーナ地方のヴィンチ村で公証人を務めるセル・ピエーロ・ダ・ヴィンチ農家の娘カテリーナの子として生まれる。幼少期は教会学校などでの正規教育を受けずに自然と親しむ中で自由奔放に育ち、1469年に単身でフィレンツェ共和国に移るとアンドレア・デル・ヴェロッキオ(Andrea del Verrocchio)に弟子入りして雑用をこなしながら画業を学ぶ。

1482年に当時のミラノを治めていたスフォルツァ家の当主ルドヴィーコ・マリーア・スフォルツァ(Ludovico Maria Sforza)に仕え、後にパトロンとしての援助を得て自らの工房を設立すると同時に独立するが、1499年10月に起こったフランスルイ12世のミラノ侵攻でルドヴィーコ公が失脚すると弟子を連れてフィレンツェを離れ、その年の暮れまでイタリア各地を転々としながら様々な活動や研究に傾倒する日々を送る。

1515年にミラノが再びフランスに占領されると和平交渉の締結役に任命され、この交渉の場で終生の恩人となるフランス王フランソワ1世と対面する。和平交渉での対面を境にフランソワ1世の庇護を受けるようになり、翌年にはアンボワーズ城に隣接する「クルーの館」(フランソワ1世が幼少期を過ごした館)へ招待されて平穏な余生を過ごす。

1519年5月2日、死去。享年67。遺言状に従って葬儀が執り行われ、聖フロランタン教会に埋葬されたが、後に何者かの手によって荒らしに遭ったために遺骨は行方不明となる。

業績

本業は画家でありながら様々な方面に対して徹底的な研究と実践に取り組み、現代にも通じる知識を手稿13000ページに及ぶ莫大な資料として残している。現在、様々な経路を辿って四散したそれらの手稿集は『ダ・ヴィンチノート』の総称で広く知られており、以下の業績は手稿で示された知識の一部である。

美術

スフマート技法(視認困難な色調変化によって形状や質感を精密に表現する)と空気遠近法(透視図法に光の軌道を組み込んで実際の視覚に基づいた色調変化や境界の歪みを表現する)の導入による写実描画技法を確立し、『モナ・リザ』『最後の晩餐』などを描く。

医学

当時は題材として見向きもされなかった老体や死体を通じて、自身の作品に「宗教美術の対極にある現世の真実性」を見出そうとする目的から動物の死骸や死刑囚の死体解剖し、内臓骨格の構造を詳細に記した緻密な解剖図録を作成する。

この中には、「視認は眼球内で起こる光の屈折現象を経由して網膜に投影されることで成立する」とするのメカニズムを解析した研究書の他、「陰茎勃起空気による膨張ではなく血液の充血によって起こるものである」とする考察文も含まれている。

航空工学

滑空機(ハンググライダー)、飛翔機(オーニソプター)、回転翼機(ヘリコプター)の原型となるそれぞれの設計図面を作成しており、さらには上記の実験による上空からの落下事故を想定して現代のパラシュートの概念を持つ布製用具の図面も残している。

なお、最も有名なヘリコプターの設計図面『空気ねじ』は日本航空会社ANA』(全日空)の社章に採用されており、旅客機の垂直尾翼を彩るカンパニーロゴとしては1969年5月から1989年3月までの約20年間、社章自体は2012年4月までの約43年間に渡って活躍し、『JAL』(日本航空)のカンパニーロゴである『鶴丸』と共に長く航空ファンに愛された。

機械工学

大小が異なる歯車の動きを利用した機械式計算機、バネの伸縮を動力とする自動車、凹面による集光型太陽熱温水器などの構想を残している。

建築学

古代ローマの建築家ウィトルウィウスの著書『建築論』の一節に基づいた理想的な人体図を独自に表し、手稿『プロポーションの法則』の挿絵として『ウィトルウィウス的人体図』を描く。

また、着工には至らなかったがコンスタンティノープル(後のイスタンブール)の金角湾の対岸を結ぶ全長240mのの設計を行っている。

土木工学

イタリアのアルノ川、フランスのロアール川やソーヌ川などの河川改修に技術者として携わる一方、の動きや連続性を何十枚にも及ぶスケッチで克明に描き出し、研究書『水の運動と測定』の中で水流に関する科学的な考察を示すなど、特に水理学に対して大きな功績を残している。

天文学

長期の天体観測から得た研究結果に基づいて天動説の矛盾を導き出し、地動説の正当性を支持する内容を手稿の一節に記す。

軍事

ミラノがルイ12世の統治下にあった頃、ローマ教皇軍総司令官チェーザレ・ボルジアの招聘を受けて建築技術総監督、軍事顧問、軍事技術者を8ヶ月間に渡って兼務しており、兵器開発についても機関銃、装甲戦車潜水艦などの構想を残している。

音楽

リュートやリラ(ここでのリラは本来の竪琴ではなく、現代のヴィオラに近い擦弦楽器リラ・ダ・ブラッチョ』を指す)などの楽器を自作、演奏する他、作詞作曲、歌唱までこなすなど音楽家としても高名であった面を物語る逸話が数多く残されている。

また、他に類を見ない擦弦式鍵盤楽器ガイゲンヴェルク』の元となった『ヴィオラ・オルガニスタ』や、現在のアコーディオンに見られる側面鍵盤構造をポルタティフ(携帯型パイプオルガン)に組み込みつつ一層の利便性を図った小型鍵盤楽器『ペーパーオルガン』などの構想を残している。

※蛇腹式ふいごと側面鍵盤構造を併せ持つアコーディオン属が正式に歴史に登場するのは約300年後に当たる1822年のことであり、ドイツのフリードリッヒ・ブッシュマンの発明による『ハンド・エリオーネ』が最初である。

逸話

遅筆

芸術家として偉大な功績を数限りなく残した反面、フランスによる侵略戦争が頻発した当時の時代背景が大きく起因していた事もあり、完成品の現存数が極端に少ないことでも有名である(絵画17点、彫刻1点)。

その一方で、「平穏な時期であっても膨大なスケッチのみを描いて終わる」「作品に着手しても未完成のままで別の作品の構想に移る」「依頼主が提示する期日を超えても平然と創作に没頭する」「作品が完成しても依頼主に届かないまま放置される」などの逸話も数多く残されており、これにはレオナルドが完璧主義者であったため、または他の研究に費やす時間を惜しんだためなどとする諸説が存在する。

男色

1476年に男娼で当時17歳のヤコポ・サルタレッリに対してモデルの依頼を打診した一件に端を発し、匿名の告発によって同性愛者の嫌疑がかけられる事態に陥る。綿密な取り調べの末に証拠不十分による無罪放免を言い渡されるが、これ以降は「夜の士官」(当時の風紀取締巡察官)の監視を受け続けることとなる。

この後も、ミラノに工房を開いた頃に孤児で当時10歳のジャン・ジャコモ・カプロッティを引き取って幾度と無く盗みを働く手癖の悪さに苦言を呈しつつも密に接し、さらに17年後にはロンバルディア州貴族の子息で当時14歳のフランチェスコ・メルツィを工房に迎え入れて「最愛の弟子」と呼んで深い愛情を注いでいる。

この二人に対する終生の愛情を示すエピソードとして、最後までレオナルドの傍にあったメルツィには自身の遺言執行人に指名した上で数多の作品、研究書、写本、参考資料を贈与し、イタリアに残ったジャコモには1520年まで自身の工房を居宅として提供した上に、アンドレア・サライの名前で画家として活動していた頃に制作した『モナ・ヴァンナ』の元となった『モナ・リザ』を含めた数々の遺品を譲っている。

【ルネサンス】レオナルドと「美少年」たち


  • 左:フランチェスコ・メルツィ
  • 中央:レオナルド・ダ・ヴィンチ
  • 右:ジャン・ジャコモ・カプロッティ

当時のミラノでは、「男性による同性愛は先進的な行為である」とする風潮が上流階級を中心とする知識層で広く浸透しており、絶世の美男子と謳われたにも関わらず独身を貫いて生涯を閉じた事実、加えて前述のヤコポのようにそれを生業とする者の存在も公に認められていた時代背景もあって、仮にレオナルドが男色嗜好あるいは少年愛者であったとしても別段の珍しさは無かった。

しかし、風潮の衰退に伴って同性愛を禁忌とする宗教観への回帰が強まり、生前から不明な点が多かった私生活の内情、ジャコモやメルツィとの師弟以上の深い関係などが絡み合った後世の憶測からその部分だけが誇張され、男色家としての噂が一人歩きを始めた結果、槍玉に挙げられる形で語り継がれることとなる。

創作におけるレオナルド・ダ・ヴィンチ

飛躍的な発想を生み出した頭脳、莫大な知識を書き留めた手稿、謎に包まれた記述による多数の文筆や文言など、後世の人々の想像力を掻き立てる数々の産物を残した人物であるために「万能の天才」の代名詞として広く用いられており、人智を超えたの知識を持つ者、あるいはそれによって様々な発明や研究に傾倒する異能者として描かれる。

作品によっては、その作品に登場するオーバーテクノロジーに対する時代背景や世界観との整合性を持たせる役割として名前や存在が用いられ、特に江戸時代の世界観を元にした作品では平賀源内が同様の立ち位置として登場する場合が多い。

ゲーム

アサシンクリード

レオ様


CV:森川智之
中世のイタリアが舞台となった『アサシンクリード2』に登場。
フィレンツェの銀行家を務めるジョヴァンニ・アウディトーレ・ダ・フィレンツェの妻マリアから手厚い援助を受ける芸術家であり、これが縁となって後に2の主人公エツィオ・アウディトーレ・ダ・フィレンツェと出会い、終生の友情を誓い合う仲となる。

以後は、アルタイルが遺した写本の断片の復元、解読に着手し、そこから得られた知識を利用しつつ武具の強化や新造を行う一方、謎に満ちた秘宝『エデン果実』の分析から導き出された結果を伝えるなど、持ち前の広範多様な才能を存分に発揮した後方支援を担うようになる。

後日談として描かれた続編『アサシンクリード ブラザーフッド』にも登場しており、父親に苦渋を舐めさせたエツィオに敵対するチェーザレ・ボルジアによって軍事技術顧問の名目で束縛されているが、アサシン教団を再興してローマ教皇軍に対抗するエツィオの動向を察知し、水面下での惜しみない助力を提供する。

Fate/GrandOrder

ダブったランサーの行く末とぐだ子


CV:坂本真綾
モナ・リザの美しさに憧れて自らの容姿もその通りに変えてしまったため女性として登場。
そのためか、髪型がモナ・リザのようなロングヘアになっている。
愛称はダ・ヴィンチちゃん
サーヴァントとしてはキャスターだが、ショップ担当のため、バトルに参戦はしていなかったが2016年4月11日~4月20日開催のイベント『ダ・ヴィンチと七人の贋作英霊』にて、イベントNPCとして登場。
礼装では『モナ・リザ』が礼装として登場した。
サーヴァントとしての詳細は『ダ・ヴィンチちゃん』の記事へ

アニメ

マリー&ガリー

ダヴィンチじいさん話


CV:田の中勇(第一期)⇒青野武(第二期)
稀代の科学者が集う不思議な街『ガリハバラ』の住人の1人。
怖いもの知らずを自負するガリレオが畏敬の念を表す唯一の科学者であり、あらゆる知識と技術を活用して図面作成から玩具修理に至るまで何でも請け負う便利屋を経営しており、軽トラックで街を流してはその道々でどんな仕事が飛び込んできても返事一つで引き受ける反面、素晴らしい発想が頭に浮かんだ途端に急いで自宅へ帰って研究に没頭してしまうため、その度に依頼者を困らせている。

薄汚れたヨレヨレのツナギに身を包み、伸ばし放題の白髪と白に浅黒く日焼けした肌といった冴えない風貌ではあるが、絵画や彫刻などにも優れた手腕を発揮する芸術家でもあり、キュリー夫人を始めとして街に住まう多くの女性から高い人気を得ている。

ノブナガ・ザ・フール

楽しい物理学


CV:杉田智和
西の星出身の科学者兼芸術家。歴史の闇に埋没した先史高度文明の復活計画を指揮し、発見された技術に基づいて再生した型機動兵器『イクサヨロイ』の開発研究に携わった中心人物の1人だったが、ジャンヌ・カグヤ・ダルクが示した天啓に興味をくすぐられ、半ば強引な手段を用いて共に渡った東の星でオダ・ノブナガと出会う。

地位や権力には些かの価値観も示さず、己を突き動かす知的探究心を第一に行動する現実的な学者の側面が強い一方、疑問や悩みを持つ人物が選び取ったタロットの啓示によって運命を読み解く超常的な予言者を思わせる一面を持つ。

ルパン三世

ラスボスさん


CV:井上和彦
イギリスMI6が「イタリアの夢」の技術を用い、ダ・ヴィンチその人の人格を移植したクローン人間
コロッセオの地下で厳重に管理されていたが脱走。世界の変容の様に落胆し、世界を設計し直す「世界解剖」を仕組む。

関連タグ

世界史 ルネサンス 芸術
ミケランジェロ・ブオナローティ ラファエロ・サンティ チェーザレ・ボルジア
モナ・リザ 最後の晩餐 白貂を抱く貴婦人 ウィトルウィウス的人体図
ダヴィンチ眼魔

pixivに投稿された作品 pixivで「レオナルド・ダ・ヴィンチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 273813

コメント