ピクシブ百科事典

いまは遥か理想の城

ろーどきゃめろっと

『Fate/Grand Order』のサーヴァント、シールダーの宝具。
目次[非表示]

注意! この記事には第六章「神聖円卓領域キャメロット」のネタバレ要素が含まれます!

















「真名、開帳───私は災厄の席に立つ……」
「其は全ての疵、全ての怨恨を癒す我らが故郷――顕現せよ、
『いまは遙か理想の城(ロード・キャメロット)』!」

  • ランク:B+++ 
  • 種別:対悪宝具
  • レンジ:不明
  • 最大補足:不明

英霊ギャラハッドが持つ宝具であり、シールダーことマシュの宝具の真名。
下記のことから、ギャラハッドを象徴する聖遺物「血の十字架が書かれた白い盾」とはまた別のもの、あるいはそれに別の要素を融合させた合成物と思われる。
白亜の城キャメロットの中心、円卓の騎士たちが座る円卓を盾として用いた究極の守り。
つまり、彼女が持つ盾は「円卓」。正真正銘の「円卓の盾(ラウンドシールド)」だったのである。
ピクニックで弁当敷いてたシートorテーブル扱い)のが正しい使い方だったとは……。
その強度は使用者の精神力に比例し、心が折れなければその城壁も決して崩れはしないという。

それはマシュの勇志の限り、一切の敵意・悪意を寄せ付けない、まさに「魔を弾く城塞」。

しかし守りたいものを護ることはできても、それを支えるマシュ本人への加護は薄い
つまり、マシュの後方にある守護対象には絶対の安全が保障されるが、マシュは敵が攻撃をやめない限り魔力を消費して耐え続けなければならず、全てマシュに反動として返ってくる。

ゲーム内での性能

ゲーム中での種別はArts。
効果はカルデアスの効果に加え【自身以外の味方の攻撃力を上昇】が付加された。

演出としては、ロード・カルデアスと同じように盾を構えると同時にカメラ視点が横からではなく正面からに切り替わり、盾の正面に円卓を模した魔方陣が展開され、聖都キャメロットを具現化するというもの。何気に正面からのグラフィックを新規に用意している手の込みようである。また、演出から「固有結界」、或いはそれに準ずる形式の宝具だと思われる。

ジャンヌ・ダルクの「我が神はここにありて」と違い、効果は無敵ではなくダメージカット。「ロード・カルデアス」時にはこれにより下位互換の様な評価を受けていたが、無敵貫通スキルを持ったサーヴァントが増えてきた第六章以降からは評価が見直されている。特に第六章ラスボスは無敵貫通(無敵や回避を無効化する)宝具のため、シナリオ演出的にも彼女の運用が戦局の大きなカギとなる。

余談

Fate/EXTRA CCC」におけるレオの決着術式(ファイナリティ)『聖剣集う絢爛の城(ソード・キャメロット)』は、この宝具を伝承からコードキャストとして復元した物。

実はシールダーの設定は2005年のFateアニメ化の時に作られてお蔵入りになった物で、宝具の名前もその時付けられた物のまま。上記のレオの決着術式の名前も既に存在していた設定から一部引用された物である。

関連タグ

Fate/GrandOrder マシュ・キリエライト/シールダー(Fate/GrandOrder) 宝具
 城壁 円卓 防御

pixivに投稿された作品 pixivで「いまは遥か理想の城」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 240773

コメント