ピクシブ百科事典

おとら狐

おとらぎつね

おとら狐とは、日本の妖怪(憑きもの)の一種である。

名前の由来は「おとら」という女性に狐が取り憑いた事から。

概要

人間(主に病人)に取り憑き、取り憑かれた人間は狐の真似をしたり長篠の戦いでの出来事や自身の身の上話を語ると言われている。
また、おとら狐は長篠の戦いで左目と左足に鉄砲の流れ弾を受けている(左目は合戦の見物中に、左足は昼寝中に)。そのため、取り憑かれた者は左目から目脂が流れ、左足が悪くなる。
ちなみに赤飯油揚げが好き。

関連タグ

妖怪

pixivに投稿された作品 pixivで「おとら狐」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10648

コメント