ピクシブ百科事典

もう半分

もうはんぶん

日本の昔話(民話)のひとつ。ルーツは三遊亭圓朝作の落語の演目の一つ。
目次[非表示]

概要

似たような流れの怪談系の昔話六部殺し』がより有名。

ストーリー

江戸の町で酒売りの屋台を経営している男の所に60歳過ぎの行商の老人が来店した。

1合の酒を一度に頼まず、まず「(一合に)半分だけお願いします」と5勺だけの酒を注文し、それを飲み終わると「もう半分」と言ってまた5勺を注文する、という変わった酒の飲み方をした。

いつしか老人は男の屋台の常連客になったが、「勘定が安くなり、量を多く飲んだ気がする」という理由で変わった酒の飲み方を変えずにいた。ところがある日、老人が屋台に財布を置き忘れたまま家路に着いてしまい、男が調べるとその財布の中には男の自分の店を持つという長年の夢を叶えられる程の大金が入っていた。

大金に目がくらんだ男は財布をネコババし、間もなくして財布を忘れた事を思い出した老人が顔色を変えて泣きながら男の下にやって来たが、男は知らぬ存ぜぬの態度を貫いた。

老人はあの財布の金は一人娘(話によっては一人娘の続柄について実子とする場合と継子とする場合とがある)を吉原に身売りにしてやっとこしらえた生活費で、あれが無ければ自殺するしかない程生活が苦しくなってしまうと涙を流しつつ説明したが、男は「あっそ、じゃあ死ね」というような事を言って老人をつまみ出す様にして追い返してしまった。

老人はその日のうちに川で入水自殺を遂げてしまい(話によっては男が老人の自殺を目の当たりにする描写が語られている)、男は老人からネコババした金で念願の店を構えた。

商売が繁盛してお嫁さんをもらい(話によっては元々屋台を夫婦で経営していた)、男の子が産まれるが、60歳過ぎの老人のように白髪で顔中がしわだらけの醜い赤ん坊だった(話によっては妻が気味悪がって世話をしたがらない、または妻が子供を産んですぐに亡くなった)。

乳母を雇っても翌日には青い顔で逃げ出すように辞めて行き、男はその訳を調べようと、夜中まで起きて赤ん坊の様子を見張ると、それまで寝ていた赤ん坊が急に起き上がり、辺りを見渡してから行灯の油をぺちゃぺちゃとうまそうに飲み干していた。

男は叫びながら赤ん坊に駆け寄ると、赤ん坊は振り返って男に向かって枡か茶碗を突き出す様な仕草(または手に持っていた茶碗か油皿を差し出す)をしてあの老人の声で、「もう半分」と言って来た(話によってはそこで終わっている場合もあれば、男があまりにもの恐怖に気を失い、そのまま死んでしまい、やがて家は没落するという後日談が語られている)。

関連タグ

六部殺し 怪談 落語

関連記事

親記事

六部殺し ろくぶごろし

pixivに投稿された作品 pixivで「もう半分」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 123

コメント