ピクシブ百科事典

アイザック・ラフォレーゼ

あいざっくらふぉれーぜ

「悪魔城ドラキュラ 闇の呪印」に登場する敵キャラクター。変態。木造建築は行わない。
目次[非表示]

CV遠藤守哉

概要

魔王ドラキュラ伯爵に仕える部下。26歳。妹に魔女のジュリア・ラフォレーゼがいる。
作中ではアイザックとしか表記されないが、妹と同じくラフォレーゼが本名だと思われる。

魔王の魔力から自分だけに従う悪魔を作り出す禁術【悪魔精錬術】を極めており、
ドラキュラ伯爵に絶対の忠誠を誓っている。直情的かつ好戦的な性格で、
かつて異端審判による迫害と逃亡の末、ドラキュラ伯爵の元を訪れ部下になった経緯を持つ。
愛用している魔人の槍「ショヴスリ(フランス語で蝙蝠)」の他、
レーザーブレードや鎖付き鉄球を使う事も。相棒はイノセントデビルの「アベル」。

復讐

1476年。同じ悪魔精錬師であるヘクターがドラキュラを裏切ったため、
アイザックがその処分を命ぜられたが返り討ちに合い、しかもその間にドラキュラが
ラルフ・ベルモンドらに倒されてしまった事で、己のプライドも帰る場所さえも失う。
アイザックは伯爵が負けた事をヘクターの離反が原因として逆恨みし、復讐を晴らすため、
普通の生活に身を宿しているヘクターを探し出し、彼の恋人ロザリーを異端審問官に売り渡す。
復讐に駆られ狂気に走った影響か、はたまたドラキュラの呪いの影響なのか、
その性格にも磨きがかかり、最終的には下記の様な風貌になってしまう。

公式変態

上半身裸に全身刺青である以前にズボンの位置がとにかくヤバイ。
股間がギリギリ見えそうで見ないラインを保ち、ヒール高いブーツを履き、
ずれないズボンにノーパンで戦う姿は、正に公式が病気である。
他にも両腕広げて狂喜したり、ラルフの首筋に口づけしたり、
本当に危ない人にしか見えない。一部の女子は喜ぶだろうが。
ちなみに際どいズボンを履いているという設定は、
悪魔城ドラキュラシリーズのデザインを担当している小島氏の意見ではなく、
開発筆頭プロデューサーであるIGA氏の考えによるもの。やっぱり。
IGAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA

関連タグ

悪魔城ドラキュラ

pixivに投稿された作品 pixivで「アイザック・ラフォレーゼ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1238

コメント