2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

アエトサウルス

あえとさうるす

爬虫綱アエトサウルス目スタゴノレピス科に属し、中生代三畳紀後期の北アメリカやヨーロッパに棲息した植物食爬虫類の1つである。
目次[非表示]

概要

アエトサウルス類と呼ばれるワニ類に近い仲間である。
学名の意味は「古いトカゲ」。
全長80㎝~1.5m。
食べ物はトクサシダ等の植物

特徴

アエトサウルスは現在ではワニしか生き残っていないクルロタルシ類の仲間である。植物食性で背中と腹を幅の広い装甲で覆われ、身を守っていた。吻部は尖っているのが特徴で、を掘り起こすのに適していたと言われている。

関連タグ

爬虫類 主竜類 クルロタルシ類
アエトサウルス類 スタゴノレピス

関連記事

親記事

アエトサウルス類 あえとさうるするい

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました