ピクシブ百科事典

アフリカハゲコウ

あふりかはげこう

鳥綱コウノトリ目コウノトリ科の渉禽類の一種。

概要

全長115~152㎝。翼開帳225~300㎝。
サハラ砂漠以南のアフリカ大陸に生息し、頭と頸の皮膚が露出している。これは死骸を漁る食性に適応した進化である。和名は「アフリカの禿げたコウノトリ」の意。
主に動物の死骸を餌とするが、他の動物の食べ残し、糞便、魚、カエル、爬虫類、昆虫、小型哺乳類、生ゴミなども食べる。特に、繁殖期には雛を育てるのに必要な生きた獲物を捕らえる。大きな群れを作って行動し、集団で営巣する。
人によく馴れ、ペットとして飼育される事もある。

関連タグ

 渉禽 オオハゲコウ コハゲコウ コウノトリ

pixivに投稿された作品 pixivで「アフリカハゲコウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1882

コメント