ピクシブ百科事典

コウノトリ科

こうのとりか

コウノトリ科とは、鳥類コウノトリ目に属する科である。
目次[非表示]

概要

コウノトリの仲間は主に水辺草原で生活する大型の鳥で、長いを持ち、を伸ばして、堂々と大股に歩く。の周りの皮膚が露出している種類も多い。また、嘴も様々な色や形があり、種類を分ける特徴となっている。日本では残念ながら1959年繁殖を最後に、稀な渡り鳥となってしまった。ヨーロッパアジアでも減少し続けている。コウノトリは大型であるため、広大な湿原やその他餌場の確保が必要でありこの環境を保護する必要がある。

主なコウノトリ科一覧


関連タグ

鳥類 水鳥 コウノトリ目 
コウノトリ アフリカハゲコウ

関連記事

親記事

コウノトリ目 こうのとりもく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「コウノトリ科」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2

コメント