ピクシブ百科事典

イブリース(青エク)

いぶりーす

「イブリース」とは漫画「青の祓魔師」に登場する悪魔たちの王「八候王(バアル)」の一人
目次[非表示]

曖昧さ回避

1.イスラム教において、アッ・シャイターンと呼ばれる悪魔の王。ユダヤ教やキリスト教のサタンに相当する。
2.上記に縁があると思われる、「青の祓魔師」の登場キャラクター。

ここでは2.について記述する。

概要

プロフィール

出演作品青の祓魔師
性別なし(憑依体は女性型)
出身地虚無界(ゲヘナ)

イブリースとは青の祓魔師の作品に出てくるキャラクターである。
虚無界(ゲヘナ)の王「八候王」の一人として数えられる「火の王」
「光の王」である「ルシフェル」に憑依体を与えられ、物質界(アッシャー)へやってきた。
憑依体はルシフェルの次の肉体を作るためのクローン実験とは別の肉体であると考えられる。(クローンに女性型はいないため)
作中では、第23巻125p(Kindle準拠)で初登場し、八候王の一人「火の王」として描かれている。
ルシフェルからサタンへ側仕えとして献上されているが、「ユリ・エギン」とサタンが逃亡する際に捨てられている。

漫画内で名前を明記されていないが、ジャンプフェスタ2020のジャンプSQブースにて行われた青の祓魔師ステージの「悪魔総選挙」の候補者としてサイトに名前が載っている。

関連タグ

青の祓魔師 八候王

この記事のカテゴリ

キャラクター・人名 青の祓魔師 八候王

コメント