ピクシブ百科事典

ユリ・エギン

ゆりえぎん

ユリ・エギンとは、漫画「青の祓魔師」の登場人物。奥村燐・雪男兄弟の母親。
目次[非表示]

概要

原作では4巻で名前のみの登場であるのに対し、アニメ版では物語の重大なカギを握る人物として扱われており、どこまでがアニメオリジナル設定であるのかが判明しない以上、原作での名前(ユリ・エギン)とアニメ版の名前(ユリ・フレデリク・エギン)とは区別することとする。

奥村兄弟の母親とされる人物で下二級祓魔師。双子を産んだ際に燐の青い焔に焼かれて死亡したと言われている。漫画では名前が判明したのみで詳細は一切不明。

しかしアニメでは一部で「原作クラッシャー」と呼ばれるほどのオリジナル展開&設定の最たる存在である。その為アニメにおけるキャラクターとは別個のものと考え、そちらについてはユリ・フレデリク・エギンの記事を参照のこと。

人物(本誌ネタバレ注意!!)

原作89話の霧隠シュラの回想にてようやく初登場を果たす。
18年前、藤本獅郎に保護されたばかりのシュラと一緒に風呂に入ったり、
手作りの料理をシュラや獅郎に振舞ったりした。
シュラ曰く「明るくてやさしい綺麗な女(ひと)だった。アタシなんか一生敵わない」とのこと。
目元は奥村燐に似ており、ほくろが多いのは奥村雪男に似ているようだ。

原作100話以降の話にて、ついに生い立ちが明らかになる。
ユリは元財閥の出身であった女性「蓉子・エギン」の娘(父親は不明。またユリの祖父母は自殺している)。前述の通りエギン家はかつては財閥だったが、解体された後没落し、一家散り散りになったという。

ユリは生後間もなくガラクタ置き場に捨てられていたが、オクという男の老人に拾われる。
それ以降は(当時はホームレスや犯罪者が住み着いていて危険とされていた)正十字学園町北低価格住宅区域でオクの家族であるニコ、オババの3人の老人たちと共に工場跡地で仲良く暮らしていた。
ちなみにこの頃からまだ自我に目覚めていなかった「燐火」(後のサタン)と会っており、一緒に遊んでいたようだ。

だが、ユリが生活していた工場跡地が火事に見舞われた際に彼女を育ててくれた3人の老人たちが焼死してしまったため、天涯孤独の身になってしまう。あてもなく彷徨ったユリはとある居住スペースにたどり着く。そこはアサイラムから逃亡した上、隠れて生活していた藤本獅郎の居住スペースだった。
獅郎とユリが話をしているところに獅郎の追手であるアサイラムのメンバーと黒妖犬(ブラックドッグ)がやってくる。その際に常人には見えないとされる黒妖犬がユリには見えたことから彼女はアサイラムで保護される。
祓魔師を養育する施設であるアサイラムに、正式に収容されることが決定したと一方的に通告されたユリは、アサイラムに収容されている仲間とともに義務教育や悪魔に関する教育などの訓練を受けることになる。

数年後、ユリは16歳で下二級祓魔師と認められ、手騎士の称号を得る。
その後も祓魔師として活躍を続ける。25歳の時点で養魔場に勤務しており、魔調教師(トレーナー)と魔育種師(ブリーダー)の資格だけでなく、祓魔塾生や手騎士向けの講習会や教本をいくつも執筆するほどの優秀な祓魔師へと成長を遂げる。

だが、帰宅途中に十三號セクションから脱走した齩郎(獅郎と同じく「氣の王」アザゼルのクローン被験体005号)に憑依した燐火と再会。それから1年3ヶ月にわたって十三號セクションに収容された燐火の面倒を見ることになる。
しかし、サタンとしての自我を得た燐火はセクション内にいた人物を殺した末に脱走。ユリの前から姿を眩ます。

それから2年後、サタンは朽ちはじめた自らの肉体をエミネスクに取り替えせるべく再びセクションに現れる。さらに、研究施設をのっとり、セクションに内にいる研究員を人質に物質を要求する。姿を眩ましてからサタンの身を案じていたユリは単身セクション内に侵入し、人質を解放するよう説得を試みる。一時は拒否され手下の部下に殺されそうになるものの、最終的にサタンに自分のそばにいるように求められ、共に暮らすことになる。





ユリは騎士團内ではサタンの子を宿した重罪人として扱われており、ほとんどのデータが機密扱いとなっているらしい。未だ謎の多い人物であるため今後の展開が期待される。

関連タグ

青の祓魔師
サタユリ 魔神と魔女

関連記事

親記事

正十字騎士團 せいじゅうじきしだん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ユリ・エギン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 80994

コメント