ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

イヤガールとは、かいりきベア氏による楽曲。歌唱は初音ミク

激しい感じの楽曲で、(編集者の個人的主観だが)氏の楽曲の中でも五本指に入るくらいにはハイテンポ。

嫌なこと、将来への不安、現状への失望、絶望諸々を、「それがなんだ、だからなんだ」と言わんばかりに「嫌」で抗う。


動画編集




イヤガール (大沼パセリ Remix)編集

大沼パセリ氏がRIMIXを担当したイヤガール。

アンコールアルバム「ベノマ」に収録。

原曲のハイテンポさは鳴りを潜め、代わりに原曲にはない重低音を響かせるようになった。

曲もローテンポになり、原曲とはある意味真逆な曲になった。

これは、ベノマのRIMIX担当を選んだ基準の一つに「なるべくサウンドの方向性が自分から離れている人にお願いしよう」というものがあったとベア氏がインタビューで語っており、この曲以外にも、ベノマに収録されている楽曲はそのほとんどが別物、あるいは原曲に似つつも雰囲気はまるで別物な楽曲が多い。


余談編集

実は3rdアルバム「イナイイナイリブート」での最初に流れる楽曲はこの曲だったりする(他のアルバム「セイデンキ少女」ではセイデンキニンゲンが、「ダーリンシンドローム」ではダーリンダンスが、「ベノマ」ではベノムが流れるのに、このアルバムだけは特別仕様)。

しかも最初に流れるinstの「-檻- (Inst)」と繋がるようになっているという、ちょっぴり優遇されている楽曲でもある(イナイイナイ依存症はRIMIX版「Gate of DELETE」が折り返しに収録されているほか、ボーナストラックにもMARETU氏によるRIMIXが収録)。


現在のベア氏のTwitterなどのアイコンはイヤガールのサムネイルに描かれている少女である(メイン画像参照)。

また、氏の楽曲「マオ」や「メンタルチェンソー」のサムネイルにも彼女らしきキャラクターが描かれており、歌詞にも共通あるいは類似するフレーズが使われているが、同一人物かどうかは不明。

関連タグ編集

かいりきベア 初音ミクオリジナル曲

関連記事

親記事

かいりきベア かいりきべあ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14118

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました