ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

エクソスーツ

えくそすーつ

パワードスーツのこと。本稿では様々な作品に登場する同名のスーツも紹介する。
目次 [非表示]

概要

ゲームの「No Man's Sky」「CoD:AW」「DEATH_STRANDING」や映画「第9地区」、「エリジウム」に登場するパワードスーツの一種。

英語表記は共通して「EXO Suit」で強化骨格のみの場合はエクソスケルトンとも呼ばれる。

作品によってかなり異なる装備であるため、その一つ一つを本稿で解説していく。

第9地区のエクソスーツ

※本記事のメイン画像の物

エビが制作したものであり、どちらかというとスーツというよりは内部で操縦するロボット的な側面がある。

エビ、もしくはエビになりかけの人間しか使用できないが非常に強力であり、MNUの傭兵たちを実質的に壊滅させている。

装甲も非常に強固なものであり、通常弾薬では歯が立たず、超大口径のNTW-20でようやく効くレベルであり、ロケットランチャーの弾薬を受け止め、トラックで複数回轢くことでやっと機能が停止した。

エリジウムのエクソスーツ

こちらはエクソスケルトンとも呼ばれる。

主人公のマックスが装着したものは「第三世代」と呼ばれるもので後述だが、旧世代モデルと思われる。

大掛かりな手術を行い、骨や神経にボルトで固定して装着するものであるため、一度装着すると二度と取り外すことができない上、装着口も痛々しいという欠陥があるものの、非常に強力な身体能力を得ることができ、死にかけのマックスでも超人的な力を発揮することができていた。

「エリジウム」よりクルーガー

終盤にはエージェントクルーガーが最新モデルのEXOスーツを着用しており、こちらは自力で装着するのは不可能なようだが、第三世代モデルと違い脱着が可能な仕様になっている。

CoD:AWのエクソスケルトン

Gieon

2054年の軍に採用されている装備であり、こちらはほとんどエリジウムに近いものだが、胸部装甲が無く、「ブーストジャンプ」と呼ばれる空中浮遊が可能なモデルである。

また、ハッキングされると動きを動きが止まったり、バッテリーが切れるとアビリティが使用できなくなるといった欠点も持つ。

関連記事

親記事

パワードスーツ ぱわーどすーつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 80033

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました