ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:柚木涼香(PS版のみ、PC版はなし、アニメ版は非公開)

プロフィール

フルネーム:エルファーシア・エル・アークライン(愛称「エル」)
職業:お嬢様
家族構成:父、母
住所:王都バランの高級住宅地(ゲーム版)、バラン郊外の豪邸(アニメ版)


概要

PCゲーム「ロマンスは剣の輝きⅡ」に登場するヒロインで同作のメインヒロイン。

バランの高級住宅街に屋敷をかまえる豪商アークラインの一人娘。ある事情から、めったに屋敷から出ることもない深層の令嬢(箱入り娘)として育てられた。

母ローラからもらった『銀の虹』をなくしてしまい、見つかるように星に願いをかけていた最中、グライダーの事故でバルコニーに落ちてきたキースを天使だと思い、キースを『天使様』と呼んで、『銀の虹』を探してくれるように頼んだ。

箱入り育ちのために世間知らずで、とても純真な性格。しかし寝ているキースにそっとキスするなど、大胆な一面も持つ。

ゲーム中ではちょくちょく会いに行くこともでき、彼女のイベントも用意されているが、箱入り娘なので、彼女がキーパーソンとなる最終局面までは、中盤のイベントで一緒に出かけたとき以外はずっとNPC扱いである。そのため、彼女の好感度を上げるには贈り物を贈ることや、『幸福のペンダント』を贈る、『ドレス』をプレゼントするなどのイベントをこなすことが必要。

第3章では、エルファーシアを連れて湖に遊びに行くイベント『静かな湖畔のタコ騒動』があり、そのときにはパーティーメンバーとして戦闘に参加させることもできる。このときにエルファーシアを戦闘要員に加えた状態でクリティカルヒットを見せれば、エルファーシアの好感度を上げることができる。状態異常を防ぐ『女神の雫』をキースに装備させた状態で、リオンの『子守唄』を使うと、クリティカルヒットを連発できるため(敵が眠っている状態に攻撃するとクリティカルヒットになり、同時に戦闘に参加している女の子たちの好感度が上がる)、エルファーシアの好感度を楽に上げまくることができる。

ただしエルファーシア攻略に必要なイベント(第2章のイベント『幸運はイカサマとともに』で入手できる『幸福のペンダント』を渡す)をこなさないと、彼女とのエンディングは迎えられない。


お嬢様だが、回復魔法を学んでいたらしく、戦闘では神聖魔法(キュア、ホーリーライト、ヒール)を使う回復要員。だが、本職のリーナやシャロンには及ばないので、後衛に徹するのが望ましい。



物語のキーパーソン

何故、終盤まで基本的にパーティーメンバーに加わらないエルファーシアがメインヒロインなのか、エルファーシアが何故箱入り娘として育てられたのかは、最終決戦の後で明かされる。

エルファーシアの先祖はクレア族であり、エルファーシアは隔世遺伝でクレア族のクリスタルを額に持って生まれたため(通常のクレア族の者が持つクリスタルよりも小さなクリスタルが額にある)、ある意味異形であるエルファーシアの将来を憂いた父アークラインは、エルファーシアを世間にふれさせない箱入り娘として育てた。

母ローラもエルファーシアの将来を案じていて、キースに「忘れないであげてね。あの子の見た目がどうであれ、エルはエルなんだってことを」と、これからもエルファーシアの友達でいてほしいと頼んでいた。ちなみにローラはキースのことを認めていて、エルファーシアエンディングで、キースがエルファーシアを連れていくのを公認して見守っていた。


最終決戦の後、エルファーシアはバルドールに自分のクリスタルを見せて自分がクレア族と人間の子孫であることを明かすことで、クレア族と人間の共存は可能であると語り、バルドールを納得させて戦いを終わらせた。

その後、エルファーシアの額のクリスタルのことが公になり、嫁の貰い手がなくなると慌てたアークラインは強引に貴族との結婚を進める。キースは身分違いもあり、普通には結婚できないと思い、エルファーシアをさらって逃げた。
エンディングでは、キースと共に逃亡生活を続けるが、アークラインの追っ手に見つかって別の町に逃亡…という愛の逃避行を続ける日々を送っていた。



関連タグ

ロマンスは剣の輝きⅡ ロマンスは剣の輝き エルファーシア

関連記事

親記事

ロマンスは剣の輝きⅡ ろまんすはつるぎのかがやきつー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エルファーシア・エル・アークライン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1106

コメント