ピクシブ百科事典

オール信長総進撃_ぐだぐだファイナル本能寺2019

おーるのぶながそうしんげきぐだぐだふぁいなるほんのうじにぜろいちきゅう

『Fate/Grand Order』内の期間限定イベント。
目次[非表示]

概要

開催期間:2019年7月4日(水)~7月18日(木)
復刻ライト版:2020年5月3日(日)~5月17日(日)
テーマ曲:『参全世界』乃藍

Fate/GrandOrder』の期間限定イベントの1つ。
ぐだぐだ本能寺」より始まったぐだぐだイベントシリーズの一つである。
これまで同様『Fate/ぐだぐだオーダー』も期間限定で復活している。

本イベントでは、かねてより話題となっていた長尾景虎(八華のランサー)が配布サーヴァントとして実装。
また同時開催のピックアップ召喚で、魔王信長(織田信長)(☆5アヴェンジャー)、森長可(☆3バーサーカー)が期間限定サーヴァントとして登場する。

参加条件は第1部の特異点F炎上汚染都市冬木のクリア。メインシナリオの進行状況に応じてイベント中の登場人物や一部セリフが変化し、ダ・ヴィンチちゃんの形態および、シオンゴルドルフの登場の有無などが変わる。

イントロダクション

気が付けばそこは群雄割拠の戦国時代。
まあ、そこまでは昨今よくある話なのですが、
どうやらこの時代、歴史の教科書とはかなり様子が違うようで⋯⋯。

史上空前のぐだぐだ大戦、ここに開幕!

(以上、公式サイトより抜粋)

ストーリー

田家撰組のサーヴァントたちは、マスターと茶仲間の李書文を誘って、いつものようにボイラー室横の金の茶室で賑やかに過ごしていた。
そこに暇を持て余した茶々が、隣接する倉庫で見つけた「謎の箱」を空けようとする。しかし箱は開けようとしても開かず、部屋にいた一同も斬ったり叩いたりするも疵一つ付かない。
……が、次の瞬間、箱は警報と共に光を発し、部屋にいた一同を消してしまう。

強制レイシフトで特異点の日本に迷い込んでしまったカルデアのマスターとサーヴァントたち。

舞台は特異点「三千信長世界デ・アルカ」。
マスターとその契約サーヴァントマシュは、辿り着いた越後の国境の村で行人包の女武者「お虎」と出会い、共に通りかかった村で略取する僧兵たちを倒し、一晩の宿を借りることとなる。

そしてその村で、一同は驚天動地の事実を知る。
ここは本能寺の変から2年経った日本……のはずが、なんと本能寺で討たれた織田信長が復活を遂げ、さらに複数の信長が覇を競う混沌の時代と化していた。

マスター一行は村人から越後の春日山城を目指し、そこで落城寸前の窮地にあったカルデアのノッブと落ち合い、さらに長尾景虎の提案から、春日山城城主「カルデア家」としてこの特異点の天下統一と修復に挑むことになる。

目指すは特異点修正という「天下統一」。ぐだぐだ本能寺、最終幕が遂に上がる

Fateでは「アーサー王」や「ジャンヌ・ダルク」、「エリザベート・バートリー」がよく増えることがしばしば公式含めネタにされるが、ここへ来て「織田信長」も一気に増殖することとなった。

イベントの仕様

まずフリクエなどの「軍備生産クエスト」をこなして「百人兵糧」「黒色火薬」「多々良鉄」の3種の軍備アイテム+QPを生産。
この軍備アイテムを消費して挑戦できる「制圧クエスト」をクリアする事でカルデア家の領地が広がり、軍備の生産量を増やせる。

領地を拡大する事でシナリオが進行する他、「登用イベント」で新たなNPC(ゲストサーヴァント)を得られるようになる。
一部のクエストでは特殊なギミックが発動するが、サポート選択時に「適役」と表示されるNPCを選べば対抗できるギミックが発動するため、是非登用イベントでNPCを増やしておきたい(必須という訳ではないので、自信があればそのまま突撃するのも手)。

イベント期間後半からは、恒例の裏ステージ「オールオルタ総進撃 ぐだぐだまじん戦線2019」がスタート。
その名の通り様々なオルタ鯖が各地の大名として総出演する(流石に実装されたばかりの神ジュナはいない…が、代わりにお試し?オルタ鯖トラウマ案件がいる)。

イベント限定概念礼装

名称イベントでの追加効果入手方法
腹が減っては戦ができぬ装備したサーヴァントの攻撃の威力を100%アップアイテム交換、ドロップ
群雄割拠陣立味噌のドロップ数を1個増やすピックアップ召喚
軍神無縁塩のドロップ数を1個増やすピックアップ召喚
鬼の茶会青苧糸のドロップ数を1個増やすピックアップ召喚、フレンドポイント召喚
※最大解放で攻撃の威力は+200%、ドロップ数は+2個。

本イベントからサポートとして選択できるNPCサーヴァントがイベント限定概念礼装を装備するようになった。概念礼装は未凸状態ではあるが、NPCを選択してもイベントでの追加効果が発揮されるようになっているのがありがたい。

登場キャラクター

信長"たち"

越後の信長→足軽ノッブ安土魔王信長甲斐織田吉法師
三千世界
センシティブな作品
吉法師くんちゃん
帝都カイザー・ノブナガ加賀ビッグノッブ駿河水着信長
ノッブ
でかノブ
大ROCK天魔王!!
尾張本物信長
本物信長


カルデア家

大名家老越後の軍神
CV:-CV:高橋李依CV:水樹奈々
春風遊歩道
お花見
八華のランサー

「越後の信長」としてカルデアのノッブが居ついていた春日山城の騒動をマスターが解決し、新たな大名となることに。

武将と関係者たち

幕末の大剣豪抑止の守護者障壁の奥の寵姫
CV:悠木碧CV:悠木碧CV:阿澄佳奈
沖田総司
沖田オルタ
天真爛漫波乱万丈豪華絢爛暴虐美人!
鬼武蔵鬼の副長无二打
CV:谷山紀章CV:星野貴紀CV:安井邦彦
帝都聖杯奇譚の
鬼の副長
らくがきまとめ
維新の英雄大蛇土佐の人斬り武器商人
CV:加瀬康之堀江由衣CV:吉野裕行CV:-
龍馬とお竜さん
岡田以蔵
弊カルデアにマックスウェル実装されました(強めの幻覚)
魔王の重臣大うつけの実弟止まらぬ狂兵
CV:-CV:山下大輝CV:-
明智さん
織田信勝くん
柴田勝家


余談

タイトルはゴジラ映画『オール怪獣大進撃』のパロディと思われる。
さらにタイトル後半も、ゴジラシリーズにおける平成の総進撃『ゴジラ FINAL WARS』から拝借していると思われる。

また、今回のイベントの発端となった「ロゴスリアクト・ジェネリック」は廉価版だが、この大本が『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』に登場している。

制圧クエスト開始時、法螺貝とともに家老マシュがアナウンスを行う…が、物凄いノリノリである。
「カルデア家、これより進軍を開始します!」
「兵は迅速を尊びましょう! すすめぇーっ!」
「武者震いがしますね、殿! うぉぉぉぉぉ!!!」
「陣触れですよ、皆さん! ぶぅおお〜〜っ!ぶぅおおお〜〜っ!!(セルフ法螺貝)」


なおカルデア家の労働環境は週休二日は確保されているホワイト企業なのだが、実力者であろうともいきなりの昇進はなく(これに関しては作中でも大不評でサーヴァント達もクレームを入れている)、特例がない限り最底辺の足軽スタートなど雇用に関してはなぜか変にブラック(その他、妙にノッブに馴れ馴れしい足軽がいたりする)。

イベントの開催告知がなされたのは6月28日。
例年通りなら次のイベントはサバフェス復刻であろうと油断し、ユガ・クシェートラPUや1700万DLキャンペーンのネロ・ブライド復刻PUにリソースを割いていたマスターたちを慌てさせることになった。

毎年6月から9月にかけてのFGOは新章配信から始まり、水着復刻、周年祭、新規水着イベント、ネロ祭ガチャとイベント周回の双方が1年の中で最も過密になる非常に忙しい時期である
それだけにこの過密期間の真っ只中にある7月頭に新規イベントをブッ込んでくること自体がマスターたちにとっては完全な想定外であり、この後に控えるであろうサバフェス復刻や周年祭、新規水着イベントのスケジュールがどうなるのか予想しにくい状態になっている。

これまでなかった新規イベントから始まるFGOの夏。それがどれだけ忙しく、マスターたちの懐にどれだけのダメージを与えるものになるのだろうか……
ちなみにこのことは今回のイベントのために書き下ろされたぐだぐだオーダーでもバッチリネタにされている


……たしかに信長総進撃だ
こちら、マスターも含めて全て信長となっております。

ただ、メインシナリオそのものは「ぐだぐだ」と付いている割には、何時もの社長悪ふz……お遊びと違い、あんまりぐだぐだしていない。特にクライマックスは本編並みにシリアス。

…………え? 武内の悪ふざけはメインシナリオが終わった後だろって?


今回実装された長尾景虎や森長可の他、過去イベントでの活躍から人気を獲得していた織田信勝と明智光秀、帝都聖杯奇譚出身のマックスウェル、今回が初登場で敵専用サーヴァントとして登場した柴田勝家も実装を期待されていたが、残念ながらピックアップ2ガチャはなかった。
そしてサルも出られなかった。

第2部開始以後はストーリーの時系列などを理由にイベント参加条件が厳しいものが多く不満の声もあったが、「ボイス&レター・これくしょん!〜紫式部と7つの呪本〜」のような最近の新規イベントの中には大幅に緩和されているものも増えてきた。
このイベントも、複数の時系列別に細かなバージョンを作り分けることで上記の問題を解決したケースと言える。
そして、カノウヨシキDは事前生放送で、今後は参加条件の緩いイベントも増やしていくと明言している。

イベント特効の効果が攻撃力上昇であることや攻撃力を倍化する特効礼装の存在、各交換素材のドロップ最効率のフリークエストがAP30で回れる(通常はAP40)などかなりマスター側に有利な調整がされており、FGOのイベントの中で下から数えたほうが早いくらいには難易度が低く、続いて開催されたイベントであるサバフェス復刻ではこのイベントとの難易度のギャップを感じるマスターも多かったようである。

また、2020年5月のゴールデンウィークには復刻版が突如開催となった。例年通りならば『Fate/Requiem』とのコラボイベントが行われるはずだったのだが、新型コロナウイルスの流行に伴う影響からそちらの開発が遅れてしまったため、スケジュールの穴埋めのために抜擢された形である。(未復刻イベントの中では、参加条件が緩いため、都合が良かったというのもあると思われる。)

名前に“ファイナル”と付いていただけにぐだぐだイベントの最終作になると思われていたが、翌年も普通に続いた。生放送でのカノウDの発言及びぐだぐだオーダー曰く「ファイナルなのは本能寺」。

関連イラスト

オール信長総進撃!
FGO概念礼装「群雄割拠」


第六天魔王



関連動画



関連タグ

Fate/GrandOrder Fate/GrandOrderのイベント一覧
経験値(漫画家) コハエース

織田信長 これはひどい 公式が病気 戦国時代 信長の野望 全員集合 終わる終わる詐欺

ぐだぐだイベントシリーズ

ぐだぐだ帝都聖杯奇譚 → オール信長総進撃 ぐだぐだファイナル本能寺2019 → 超古代新選組列伝 ぐだぐだ邪馬台国2020

関連記事

親記事

ぐだぐだ本能寺 ぐだぐだほんのうじ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オール信長総進撃_ぐだぐだファイナル本能寺2019」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 801138

コメント