ピクシブ百科事典

カロテン

かろてん

脂溶性有機化合物の一種。体内でビタミンA(レチノール)に変換される。
目次[非表示]

概要

カロテンはカロテノイドという有機化合物のうち、炭素と水素でのみ構成されるもの。
ドイツ語ではカロチン(carotine)と呼ばれる。

αカロテン、βカロテン、リコペンなどの種類がある。
生物に含まれる色〜黄色の色素(これはカロテノイド一般に言える)で、ニンジンの橙色やトマトの赤色はカロテン由来である。
また、緑色の葉にも含まれるが、色は葉緑素により隠れている。

体内でビタミンAレチノール)に変換される。βカロテンが最もその活性が高い。
必要なときに必要な分だけレチノールに変換されるため、直接レチノールを摂取する場合と異なり過剰症は起こりにくい。

カロテンを多く含む食べ物

にんじんかぼちゃなどの緑黄色野菜ブルーベリーなどに多い。

関連タグ

栄養 生化学 有機化合物 ビタミン ビタミンA レチノール
カロチン(表記揺れ)

pixivに投稿された作品 pixivで「カロテン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 272

コメント