ピクシブ百科事典

カンニンGOOD

かんにんぐー

かつて『別冊コロコロコミック』(小学館)に連載されていた、毛内浩靖の漫画作品。正式タイトルは『究極カンニング漫画 カンニンGOOD』。表記ゆれは『カン・ニン・グー』。
目次[非表示]

概要

別冊コロコロコミック』にて1995年6月号から2002年12月号まで連載された。児童・少年誌かつ、すべての漫画作品のジャンルの中でも珍しくカンニング」を扱った希有な漫画作品。現代(90年代あたり)の小学校を舞台に、主人公・満点完人によるカンニングで満点を取っていくピカレスク・ロマン。

人気は非常に高く、作中に登場する問題は勉強になる内容も多かったので好評だった、とされている。
中には「作中に出てくるカンニング技を実際にマネしようとする子供も出た」という噂もあるが、真偽は定かではない。
「月刊コロコロコミック」に1回だけ読切作品として載った事があるが、アニメ化することは無かった(当たり前である)。
また、連載時の扉では毎回「よい子は絶対にマネしないでください」と写植されていた。

作者自身はカンニング経験がないとのこと。

一話完結方式で物語が進む。ごく普通の現実的な世界を舞台とし、主人公を初めとする小学生の学校生活や、その放課後・休日の日常を描く一方、先述のカンニングを用いてテストに挑む緊張感のあるシリアスな展開で物語が進む。本作のテーマであるカンニングは、ペーパーテストのみならず、体力勝負など、あらゆる要素を取り入れたマルチジャンル的な作風が特徴。

単行本は全9巻。しかし、現在は絶版同然の状態にあり、古本屋でも入手できる可能性は低い。

登場人物


満天完人(まんてんかんと)

満天完人


主人公。花丸小学校6年生。愛称「カンニン」。
学力テストには「カンニングッズ」と呼ばれる道具で100点満点を取る。
誤字→満点完人

満天幕金太郎(まんてん まっきんたろう)

本作の裏主人公で狂言回し。完人の祖父。愛称「マックじい」。
完人のためにあらゆるカンニング道具を開発したり、自ら学校に赴いて完人の手助けをしたりする。彼が発明したカンニング道具は身近なものに見えるが、殆どは現代の科学力を遥かに超えており、到底マネしたり再現することができないものがほとんどである。満点家の地下に勝手に作った秘密基地で製作している(その費用は取江から密かに少しずつくすねている。そのことを取江に告げ口しないことを条件に完人のカンニングの手伝いをさせられることになる)。
近所に住む「お静さん」に好意を寄せているが、亡き妻・才子への愛情も今もなお保っており、彼女の命日にはお静さんの誘いがあってもこの日に限っては丁寧に断っている。
幼少期の頃のあだ名は「はなたれまっきん」。

上野の森ゆい(うえののもり ゆい)

本作のヒロイン。花丸小学校6年生。クラスのアイドル(マドンナ)で、成績も優秀。完人が思いを寄せている女子。カンニングで完人に助けられることも多いが、逆に完人のカンニングを手伝うこともある(完人がカンニングをやっている事は知らない)。完人のことは憎からず思っている様子。料理の腕は非常に悪い。

壱弐野三郎(いちにの さぶろう)

本作の狂言回しの1人となる少年。花丸小学校3年生。自称「完人の一番弟子」。愛称「サブ」。登場当初はクールで「世の中すべてが面白くない」と何に対しても冷めていたが、あることをきっかけに柔軟になり、完人をアニキと呼び慕う。成績は悪い。マックじいと共に完人のカンニングを手伝うことが多い。次の完人の敵となる相手の情報を提供することも。


金内金暮(かねない かねくれ)

完人の担任教師。名前の通りかなりの貧乏で、借金をするほどの貧困(その要因は不明)。普段着ているスーツもボロボロである。よく栄養失調などで入院する可哀想な人。

雷場龍(らいば りゅう)

完人の(自称)ライバル。登場の度に髪型が変わっている。完人とは対照的に、成績は優秀でスポーツ万能。完人は嫌々ながらも相手をしているが、その勝負は必ず買っている。

関連タグ

コロコロコミック カンニング

pixivに投稿された作品 pixivで「カンニンGOOD」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4284

コメント