ピクシブ百科事典

ガンダムダンタリオン

がんだむだんたりおん

ガンダム・ダンタリオンとは、データカードダス「ガンダムトライエイジ」及び「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 月鋼」に登場するモビルスーツである。メイン画像は「ネイキッド」と呼ばれる形態である。
目次[非表示]

概要

厄祭戦時に開発された72機のガンダム・フレーム採用型モビルスーツの内の一機。
ギャラルホルンの名家ザルムフォート家が所有する機体で、厄祭戦では同家の始祖が搭乗していたとされる。
ガンダム・フレームでも最後期にロールアウトしたため、先行生産機の戦闘データが豊富にフィードバックされていく建造過程で仕様変更が再三行われている。
ダンタリオンは他のガンダム・フレーム機と比較した場合、バーニアやサブアームといった特殊な装備を持たない、シンプルな構成が目立つ。配色こそトリコロールだがフレームの露出箇所も目に見えて多く、典型的なガンダム系ながらもドクロを彷彿とさせる人相と相まって、オブラートに包んでも痩せぎすと言う他ないシルエットが特徴。この基本構成とシルエットは「素体」としての意味合いが強く、形態名も「ネイキッド」と呼ばれる。
ネイキッドに外装オプションを装備し、単騎での拠点襲撃や破壊、自軍の拠点を防衛するのが本機のコンセプトであり、大型アームへの変形機構を備えた「Tブースター」等の多彩な追加装備で様々な状況・局面への対応を可能とする。なお、この追加装備へ対応する為にフレームも柔軟な構造を採用している。
ロールアウトが最終盤であったにも拘らず、十二分な戦果を挙げられたのはこのコンセプトに則った追加装備の有効活用が大きいと思われる。

機体データ

型式番号ASW-G-71
全高18.0m
本体重量27.1t
動力源エイハブ・リアクター×2
使用フレームガンダム・フレーム
武装
  • ベイオネット・ライフル
  • バイデント
  • ケラウノス
  • アイギス
  • Tブースター/ハーフカウルT
  • Bブースター/ハーフカウルB
パイロットザザ・フォッシル


武装

ベイオネット・ライフル

折りたたみ式の銃と剣が一体化した複合兵装。
ベイオネット・ライフルモードでは速射性の高いライフルとなり、攻撃対象への接近時に牽制用として用いられる。
ベイオネット・ソードモードでは展開した刀身がロングバレルとなり射程と精度が向上する。大剣としての性能もアスタロトのデモリッション・ナイフに比肩する優秀な破壊力を持ち、ハーフカウルTの強大な出力を加えれば更なるパワーが期待できる。

バイデント

二股の長槍。基部のグリップ周辺はシールドとしても使用可能。
ネイキッドではマニピュレーターで保持し、ハーフカウルTでは前腕部ウエポンベイへ直接装着される。

ケラウノス

大型の狙撃砲。
ネイキッド用とハーフカウルT用の大小2つのグリップを持つ。

アイギス

左手に装着される盾。攻防一体の盾と呼ばれ、先端はハサミのような形状になる。

Tブースター/ハーフカウルT

ダンタリオンのバックパックに装着される専用の追加装備。Tはトップを意味する。
状況に応じて大型ブースター形態の「Tブースター」と、大型アーム形態の「ハーフカウルT」に変形可能。

Bブースター/ハーフカウルB

ダンタリオンの腰背部に装着される専用の追加装備。Bはボトムを意味する。
Tブースターと同じくハーフカウルBへの変形機構を持つが、上半身を強化するTブースターに対し、こちらは下半身を強化する。

フルブースター/フルカウル

ブースター兼ハーフカウル2種が同時に装着された形態。

パーフェクトカウル

フルカウルの前面装甲にアイギスを装着したダンタリオンの完備形態。
非常に大柄で、明らかに徒手空拳でモビルアーマーを圧倒しながら撃破するの前提としたような鈍重そうな外観が特徴。
右手にケラウノス、左腕にバイデントを装備する。
顔にも追加装甲が装着されるようで、こちらは如何にもなガンダム顔となる。
その見た目通り重力下での敏捷性に難はあるものの、汎用性そのものは向上しているようで『トライエイジ』では地形適応が全て「○」となっている。

関連項目

ガンダムトライエイジ 機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ月鋼
ガンダム・フレーム
篠原保

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムダンタリオン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1611

コメント