ピクシブ百科事典

キリクマ

きりくま

『蒼き鋼のアルペジオ』に登場する、クマ(のぬいぐるみ)の姿となったキリシマの呼び名。
目次[非表示]

概要

横須賀での戦闘でイ401に敗れ、ユニオンコアを残してメンタルモデルを失ったキリシマハルナ共々、刑部蒔絵に助けられた後、ハルナに供与されたナノマテリアルで小さいながらもメンタルモデルを再構成し、そのままうろつくわけにはいかないので、クマのぬいぐるみ「ヨタロウ」を着込むことになる。

ちなみにこのクマ姿は刑部邸での変装の意味もあったのだが、これが蒔絵には大ウケ。キリシマ自身も気に入ったのか何なのか、以後も着用し続け、ブラッシングするなど手入れも欠かさないようだ。原作の表紙裏では脱がない理由の一つとして「子供(蒔絵)の夢は壊したくない」というものもあった。
原作では脱ぐと中からミニキリシマ(メイン画像のような小さいサイズの彼女)が現れるが、アニメ版ではコアが入っているだけのぬいぐるみらしく、彼女が海で溺れた際にはハルナが雑巾絞りで対応している。

霧くまs

なんとTVアニメの再放送に併せて、60秒スポットCM(という名のギャグ集)『霧くまs(きりくまーず)』が放送された。
内容はメンタルモデル達が全員ヨタロウ姿になってショートコメディを繰り広げるというものだが、その内容は果てしなくカオス

うーさーのその日暮らし

第2期ではイオナのみで出演がなかったのだが、第3期に該当する「夢幻編」にて登場を果たす。

それだけでは飽き足らず、ハルナまで登場する超展開となった。アニメの制作会社繋がりに加えて劇場版の宣伝を兼ねているゲスト出演…のはずが、予想以上に活躍すると言う展開を見せた。

CHUNITHM

セガの公式ホームページ上では、キリシマのグラフィックで登場していた為にキリクマは未登場と思われていた。

しかし、キリシマの個別スキル『ヨタロウ無双』を装備すると、グラフィックがキリクマに変化する。
……というか初っ端からキリクマであった。

CHUNITHMでキャラクターを入手した状態でmaimaiをプレイすると、でかアイコンを入手出来る。こちらでは、キリクマではなくキリシマとして登場しているが。
(こちらのアイコンは現在入手不可。CHUNITHM側での復活イベントが待たれる)

関連タグ

蒼き鋼のアルペジオ ハルナ 刑部蒔絵 ヨタロウ クマ

pixivに投稿された作品 pixivで「キリクマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1441577

コメント