ピクシブ百科事典

キングテッドゴン

きんぐてっとごん

ジャンボーグAに登場する人間の死体を素材として作成されたグロース星人たちの生体兵器ともいえる怪獣にして、テロップミスで名前が変更されたという哀しき存在。
目次[非表示]

データ

登場作品『ジャンボーグA
第7話「立て!孤独の英雄ナオキ」登場

  • 別名:再生怪獣
  • 身長:47m
  • 体重:3万5千t
  • 出身:病院

概要

アンチゴーネ率いるグロース星人たちが占拠したとある病院に安置されてる死体を用いて作成したゾンビ兵器のような怪獣

ちなみにホラーチックかつグロテスクな作成過程を得ているが、姿自体はいたって王道かつ普通の姿をしている。

鞭のようになった両腕が主な戦力で、個々から3万ボルトもの高圧電流を流して相手を感電死させる能力を持つほか、材料が死体であるだけに例え体を切られても元に戻る事が出来る再生能力を持つ。

グロース星人たちが病院を怪獣製造工場として利用している事を知り、計画を叩き潰すために病院に強襲を掛けるナオキと、事情を知らずにナオキがおかしくなったと思い込んでそれを阻止しようとするPATとの争のドサクサに紛れて出現し、PATからの攻撃で傷ついたジャンボーグAに襲いかかるが、最後は『ビームエメラルド』を受けて倒された。

余談

本来の正式名称はキング“デ”ッドゴンだったのだが、テロップミスでキング“テ”ットゴンが正式名称になったという経緯があるらしい。

関連項目

ジャンボーグA

コメント