ピクシブ百科事典

toufuワールド

とうふわーるど

「toufuワールド」とは、toufu氏による一連の「ポケットモンスター」の二次創作漫画の通称。
目次[非表示]

概要

toufu氏によるポケモン二次創作漫画。
ダイヤモンド・パール』のストーリーがメインとなっている。

あるいは他のユーザーたちが投稿した「ヒカリ&ゴルダック」ファンアートなどに付けられるタグ

ポケモン4コマ ヒカリとあひる


↑シリーズのきっかけとなった4コマ漫画(シリーズとは多少設定が違う)。

夢のような出会い(前編)
夢のような出会い(後編)


↑シリーズの始まり

主な登場人物






以下にはシリーズのネタバレが含まれます





ひかりさまごいっこう



  • ヒカリ
主人公。フタバタウンに暮らす女の子。
アニメとはだいぶ性格が違うのでご了承ください。(作者より)
『ダイヤモンド・パール』の女主人公と同じ名前・格好だが、目が特徴的。
基本的にかなりニヒルな性格。突っ込みが厳しく、手や足がかなり出る。
ただ、ジムで負けた際に悔し涙を流したり、勝った際にはうれし涙を流したり、ギンガ団には激昂したりと、年相応の子供らしい感情的な面も多い。
幼馴染のジュンの赤いギャラドス探しにつき合わされ、ゴルダックと出会う。
その後ゴルダックの観察をナナカマド博士に頼まれ、さらに初のジム戦を経験しジュンに触発され、冒険の旅に出ることに。
ポケモンの知識はあまり無く、当初はタイプの存在や相性関係すら知らなかった。
ジュンのことは基本的に(ちょっとウザい)幼馴染という認識だが、恋愛対象として意識している節も見られ、彼の紛らわしい態度に混乱することもある。
ヒカリラッシュという大技を惜しげなくジュンにかましている。威力は5789270。
「ヒカリとあひる」では、ジュンが赤いギャラドスの番組を見てわくわくしている頃、内Pの下ネタで爆笑しているという描写があった。
余談だが、「ヒカリとあひる」よりもシリーズ版の方がやや太ましい上に、回を重ねるごとにその傾向が強ま(ry

  • ジュン
ヒカリの幼馴染。
『ダイヤモンド・パール』のライバルと同じ格好で、性格もだいたい一緒。
その性格故、ヒカリにウザがられたりキレられたりして、度々強烈な制裁を食らっている。
シンジ湖に赤いギャラドスを探しに行ったところギャラドスに襲われかけ、ゴルダックに助けられる。
シンジ湖に置き忘れられた鞄から見つけたナエトルヒコザルポッチャマの三匹にとても懐かれており、彼らとともに冒険の旅に出る。
大体ヒカリにひどい目に合わされる彼だが、トレーナーとしてはジュンの方が先輩。
ゴルダックと比べてはるかにレベルが低いはずの手持ちポケモンでヒョウタに勝利するなど、ある程度の実力を既に備えている。

  • ナナカマド博士
マサゴタウンに住む、ポケモン研究の権威。
聡明で理知的であり、ゴルダックの研究やポケモンずかんを携えた旅についてヒカリに的確な助言を与えたほか、ギンガ団の怪しい勧誘にも落ち着いた態度で拒否を示した。
が、その一方ロリショタ大好きの変態であり、しかも割と堂々としている。聡明な態度を維持したままナチュラルにヒカリへのセクハラを行う。そして制裁を食らう。普段はコウキ相手にビデオ撮影などを行っているようだ。
ヒカリのゴルダックの特異な振る舞いに興味を示し、ヒカリにその観察を依頼する。

『ダイヤモンド・パール』の男主人公と同じ名前・格好の男の子。
原作と同様、ナナカマド博士の下で研究の手伝いをしている。
灰汁の薄そうな見た目同様、素直な性格。あまりに素直すぎて、博士の指示を丸ごと受け入れてしまうところがあり、研究目的の指示もセクハラ目的の指示も素直にきく。
作中では、エレブーの気ぐるみを着て撮影会をさせられていた。
博士と比べるとずいぶんまともな人物だが、灰汁が薄いせいかヒカリには覚えてもらっていない。

ハクタイの森通過時にヒカリに協力してくれたトレーナー。
原作同様、ラッキーを使う。ムクバード達を刺激してしまいながらもなお、ヤミカラスをつれて森を脱出しようとするヒカリを見かねて、彼女に協力する。
初登場時、なぜかJudas Priestの『sinner』の、空耳で有名な部分を口ずさみながら歩いていた。
ハクタイ祭りでポケモン像に抱きついていた不審者…基シンオウ地方のチャンピオン。

ヒカリのパーティ

  • ゴルダック

ポケモンのゴルダック。シンジ湖に暮らしていたらしい謎のポケモン。オス。
鳴き声を上げることはなく、目と身ぶり手ぶりで意思を表現する寡黙キャラ。
ギャラドスを一撃で沈めるほどの高レベルな実力者であり、水系統を中心にハイドロポンプやサイコキネシス等の強力な技を使いこなす。
そればかりか、Wiiをしたり本を読んだり箸を使ったりと、レベルでは説明できない人間臭い振る舞いが多く、ナナカマド博士の興味をひく。
湖に落ちたヒコザルを助けだし、襲ってきたギャラドスからヒカリやジュン達を守った。その後なぜかヒカリに懐き、同居人、そしてパートナーとして行動を共にしていく。
二体のポケモンをまとめて撃破したり、イワークを素手で受け止めたりする等の並外れた力を見せた彼だったが、トレーナーのヒカリがポケモンバトルの知識に疎かったため、ジムリーダーのポケモン(ヒョウタのイシツブテとズガイトス)との連戦に翻弄され敗北した。後に特訓を経て、ヒカリの的確な指示の下、更なる力を発揮していく。
野生のポケモンにしてはあまりに不自然な点が多いことから、「元は誰かのポケモンだったのでは」という疑惑もある。
ボールに入るのを執拗に嫌がっており、サトシのピカチュウ同様、ボールに入らずに行動を共にする。
「ヒカリとあひる」ではヒカリとの距離感がより複雑で、ハグしてもらっているポケモンを羨ましがって自分もヒカリをハグして制裁を食らったりする一方、あしあと博士のところで断固として足跡をつけまいとゼログラビティを披露したり、ヒカリの自転車を勝手に使って独走したりと無体な振る舞いもしていた。

ヒカリが捕まえた?初めてのポケモン。気の強いメス。
イケメンのゴルダックに大変懐いており、というか惚れており、ゴルダックに他のメスが近付くことを良しとしない。一方、主人であるはずのヒカリにはあまり懐いていない。
いかく」持ちなのかそれとも「こわいかお」を覚えているのか、顔芸に定評がある。
ヒカリには懐いてはいないものの、徐々にあからさまな嫌悪は消え、それなりの憎めない態度を見せるようになっている。
ギンガ団の幹部マーズ操るブニャットとメスの意地を賭けた壮絶なバトルを繰り広げた後、ルクシオへと進化した。

発電所で出会い、なんとなくヒカリの手持ちになったポケモン。
「ぷわぷわ」と言いながら浮いており、風船さながらにヒカリやゴルダックに持ち運ばれている以外に今のところ目立った活躍はない。それどころか、気付かぬ内に勝手に飛ばされていってしまい、度々迷子になりかけている。
出会った当初は、ヒカリも気に入っていたが、その可愛らしい外見とは裏腹に、ずかんでの説明が異様に物騒だったため、ちょっと不気味がられている。
ハクタイシティでは、ジュンの無体な振る舞いに怒って彼をあの世へ連れて行きそうになった。
存在感や自己主張が非常に軽いものの、ちゃんと反応を見せたりはする。
覚えている技は、『ちいさくなる』『おどろかす』『さいみんじゅつ』『みちづれ』など。

ハクタイの森でムクバードの群れにボッコボコにされていたところをヒカリに助けられたポケモン。声が汚い。
いたずら好きだが臆病で、ルクシオなどにちょっかいを出しては怒られてヒカリに泣き付いている。また、手癖が悪く、店の商品であるお菓子に手を出したり屋台から勝手に物を咥えてきたりと、油断ならない。
彼と出会った時、ヒカリは、彼のあまりのボロボロぶりに思わず助けの手を出しただけだったが、これがムクバード達の怒りに触れ、凄まじい量のムクバードとそのボスであるムクホークとの壮絶な戦いを思いもかけず展開することになった。彼が何故そんな目に遭っていたのかは不明だが、モミは「ムクバードの餌にされようとしていたのではないか」と推測している。
その後、済し崩し的にヒカリの手持ちに加入した。
覚えている技は、『つつく』『ついばむ』『ふいうち』など。
ナタネ戦では、ダウンしたゴルダックに代わり、ロズレイドと対峙。相手との実力差を持ち前のタフネスで補い、更に、猛攻を加えている最中で(『ついばむ』の効果による)手癖の悪さを利用してロズレイドから「オボンの実」を掠め取って回復し、その後の反撃でロズレイドを撃破、ヒカリたちに勝利をもたらした。
なお、本人やヒカリたちは気付いていないが、見よう見まねながら大技を繰り出したりと、ナタネからは「将来有望」の評価を得ている。

ヨスガシティで出会ったオスの個体。
初対面でゴルダックが背負っていたリュックからお菓子をこっそり全部掠め取っていくなどかなりふてぶてしい性格。
それでいてヒカリの前では猫を被った態度で接する、可愛い顔して食えないやつである。(なおゴルダックに対してはこの仮面は通じないと判断したのかそそくさと素直に応じる)
覚えている技は『マジカルシャイン』『サイコキネシス』『かげぶんしん』『テレポート』。
この作品では舞台こそダイヤモンド・パールであるが、第六世代の要素も取り入れられているため、現在同様タイプはエスパー/フェアリーの扱いになっている。

ジュンのパーティ

ジュンがシンジ湖で置いてあったカバンの中のモンスターボールから出したポケモン。ジュンに制裁を振るうヒカリにジュンを守るような行動し、ギャラドス騒動の後ジュンの手持ちに。
クロガネからハクタイの間に進化した。

現ジュンのパーティーで唯一進化してない。
同じくクロガネからハクタイの間に進化。
ジュンが初めて捕まえたポケモン。
同じく(ry
基本的に全員ジュンに懐いていて、バトルでも命令に忠実。
だがレストランで大暴れする等あまりしつけがなっていない様。

関連タグ

ポケットモンスター/ポケモン
ダイヤモンド・パール

pixivに投稿された作品 pixivで「toufuワールド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7952984

コメント