ピクシブ百科事典

ギルドレ

ぎるどれ

「ギルドレ」とは朝霧カフカによる小説である。2019年1月現在講談社BOXより2巻出版。
目次[非表示]

概要

朝霧カフカによる小説。
著者代表作の「文豪ストレイドッグス」と比べると

  • より複雑な謎解き
  • 文ストが文豪をテーマにしている文系作品なのに対して、機械などの近代的描写の多い理系作品
などが挙げられる。
講談社BOXから現在二巻まで発売中。
さらに2019年初春に講談社タイガから小説が内容再編、新しい絵師を迎えて発売される。
コミカライズ化も決定。

ストーリー

人類滅亡はもはや秒読みだった。正体不明・宥和(ゆうわ)不可能な異星人「敵(エネミーズ)」――。奴らの「月落下作戦」をたったひとりで阻止した、
謎の少年がいた。だが、戦いのあと、彼は忽然と姿を消す……。
 3年後、記憶喪失の少年・神代カイルが都市近郊で保護される。
 強大な敵の強襲に、カイルは「あらゆる確率を自在に操る能力」を発現させ撃退。しかし、窮地を救った活躍にもかかわらず、彼は存在自体が罪の未成年分隊――《有罪の子供(ギルティチルドレン)》に編入されてしまう。
(講談社BOXホームページより抜粋)

登場人物

  • 神代カイル

主人公。一切の記憶を失っており、都市近郊で保護される。敵(エネミーズ)
による襲撃で「確率を操る力」に目覚めるが、《有罪の子供(ギルティチルドレン)》に編入されてしまう。

  • 皆川ニィナ
手足が義手義足の少女。《有罪の子供(ギルティチルドレン)》の隊員の1人。
最初カイルを警戒していたが、徐々に信頼関係を築いていく。

余談

この作品、実は「週刊ヤングマガジン」の増刊、「ヤングマガジンサード」創刊から連載していたものなのだが出版にあたって第1章以外全て改稿している
ここから朝霧カフカのなみなみならぬ努力と本気が感じられる。
こういう話を詳しく知りたい人は本人のインタビューを見るのをオススメする。

関連イラスト

ギルドレlog1
ギルドレlog2



関連タグ

朝霧カフカヤングマガジンサード]

関連リンク

外部リンク(講談社BOX本作品ページ)
外部リンク(朝霧カフカ本人のインタビュー)

関連記事

親記事

朝霧カフカ あさぎりかふか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ギルドレ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1681

コメント