ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ケダモノの嵐は、日本のロックバンドUNICORN1990年10月1日に発売した4thアルバム。当バンド初のオリコンチャート1位を記録、第32回日本レコード大賞アルバム大賞を受賞。

  • 「ロック幸せ」で西川(当時)・手島がヴォーカルを務め、全員がヴォーカルを務めた初のアルバムとなった。
  • 帯のデザインが話題となった。ジャケットの写真のうちドラムの西川が帯で隠れてしまうため、その部分に穴をあけて「○←この人がドラム」と書かれた。
  • ディスクには「Kedamono no Arashi」の文字とともに、平仮名で「ゆにこーん」と書かれている。

収録曲

1.命果てるまで~第三の男~命果てるまで
 本作の発売から20日後にシングルカットされた。挿入曲として「第三の男」が使用されている。
2.フーガ
 堀内と阿部のツインヴォーカル。ユニコーンの意向により次の「ロック幸せ」とつながっている。
3.ロック幸せ
 「CSA~ロック幸せ」としてシングル「働く男」の1曲目に収録。西川がヴォーカルの曲は1993年の脱退までこの「ロック幸せ」のみであった(※1)が、再結成してからは川西としてヴォーカルを務める曲も多くなってきている。
4.ケダモノの嵐
 表題曲。奥田は「歌詞は難しかったので西川君に書かせた」と言っている。
5.エレジー
 阿部と奥田のツインヴォーカル。ソニーミュージックの好意で渡辺満里奈が参加している。
6.自転車泥棒
 手島が作詞作曲を担当した。
7.富士

8.リンジュー マーチ
 1人の男の事故死とその後を書いた曲。
9.スライム プリーズ
 
10.夜明け前
 曲の前半は伴奏が無い
11.CSA
 「CSA~ロック幸せ」としてシングル「働く男」の1曲目に収録。当時の所属事務所の社名・住所・電話番号を歌詞にしている。ユニコーンの意向により次の「いかんともしがたい男」とつながっている。現在この曲が歌われる際は社名の変更に伴い「SMA」として歌われる。
12.いかんともしがたい男
 管弦編曲は「笹路なんつったって正徳っつうぐらいなもんで
13.働く男
 先行シングルが7月に発売されており、シングルとしてはバンドで最高の売り上げを記録している。
14.スターな男
 リミックスして1991年にシングル化された。

※1. ソロシングル「リキッドマン」および「EBI奥田阿部西川手島」名義で発売されたミニアルバム「UNICORN」の収録曲はともにソロとして作成された曲であるため除く。

関連タグ

UNICORN

関連記事

親記事

UNICORN ゆにこーん

兄弟記事

コメント