ピクシブ百科事典

ゲイル・グローリー

げいるぐろーりー

漫画「RAVE」に登場する

概要

シンフォニア王国マラキアの息子。
カトレアハルの父親。
相当の実力者とされていて、噂ではデーモンカードのキング(ゲイル・レアグローブ)と互角の力を持っているとされている。
キングとは元は親友。青年になった時に入っていた帝国を抜けたあと2人でDCを設立したが、対立してしまい脱退することになった。
永遠のライバルであった。
ガラージュに漂流してから、ハルの母親になるサクラ・グローリーと出会い結婚した。

自分がDCを脱退してから数年後、DBを使って蛮行をしているという情報を聞きつけ、破壊するためにレイヴを探す旅にでる。
キングに会おうとするも拒まれてしまい、帝国の力を使って止めようとするも殺戮を行ってしまった帝国のせいで逆に恨みを買ってしまい、自分の目の前で妻のサクラを殺されてしまった。
その後体の中に破壊のDBのタネを埋め込まれ、最も被害が少なくて済むだろう砂漠に留まるようになる。
キングと同名のせいでハルと再会したとき、キングと疑われてしまう。

関連タグ

RAVE

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲイル・グローリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 194

コメント