ピクシブ百科事典

ゴースの遺子

おいたるあかご

ゴースの遺子とは、ゲームBloodborneのDLC『THE Old Hunter』に登場するボスキャラ。
目次[非表示]

憐れなる、老いた赤子に救いを…
ついにゴースの腐臭、母の愛が届きますように…

概要

Bloodborneに登場するボスキャラクターの内の一体。
DLC購入によって行くことのできる『狩人の悪夢』の最終エリア『漁村』のボス。
ゴースの遺子の名の通り、ゴースそのものではなく、ゴースから生まれる子供。
しかし、ゴースにまつわる設定そのものがかなり難解で謎に包まれている為、そもそも端的に説明すること自体が困難。ゲーム内の描写だけでは名前を含めてこのキャラクターを推し量ることは難しい。
ただ、様々な意味において『狩人の悪夢』を象徴するボスキャラ。

外見

外見は全身が漂白されたように白い色をした、背の高い人間の男、それも老人の姿をしている。
その体格は骨が浮き出出るほどにやせ細っており、両腕からは魚の鰭を思わせるような刺々しい部位が存在しており、その背中には人の皮が捲れたような形状の二枚の翼をもっている。
但し、この翼を使って飛行するわけではない。
右腕には、腐った胎盤のような巨大な内臓らしきものが絡みついており、この内臓はへその緒を通じて腹部とつながっている。
Bloodborneに登場する人型ボスの中では珍しく、後述の理由から衣装を着けておらず、全裸。

ボスとしての性能

DLCの最終ボスと言うだけであってかなり強力かつ凶悪な性能をしており、強いボスばかりが存在するブラッドボーンの中でも屈指の強敵。
全体的に火力が高く、攻撃の際の動きが素早い上、攻撃方法自体も変化が多いため、どうしても攻撃パターンが読み取りづらく、強力な攻撃を幾度となく叩き込まれて死亡するプレイヤーが多く、みんなのトラウマの一つになっている。
また、登場から倒されるまで人の言葉らしきものは発することが無く、戦闘中にはことあるごとに獣の咆哮のような大声をあげている。

第一形態

ゆっくりと近づき、いきなり素早い動きで近づき、攻撃を叩き込むという動きを軸に、強力な攻撃を叩きつける。
距離を取っていても投げつけや地面の爆破によって攻撃できるため、単に距離を取るだけでは安心できない。

第二形態

ゆっくりとした動きが目立つ第一形態と違い、獣のような激しい動きで積極的に距離を詰めてくる。
地面爆破だけでなく落雷を起こしての攻撃など、技のバリエーションも増える。

考察

彼がゴースの遺子と呼ばれるのは、その登場シーンから。
このキャラクターの登場シーンは、漁村の岸辺に打ち上げられた巨大な上位者らしき生命体の死体の中から這いずり出てくるというもの。
暫定的にゴースとみなされているこの生命体は、女性の顔らしき部位は見えるものの、全体的に魚類かクジラなどの海獣類を思わせるようなヒレを持った海生生物のような形状をしており、このゴースから何故か人型の、それも老いた男の姿をしたこのキャラクターが這いずりながら現れる。
それ故に、老いたる赤子とも言われており、その異名通りのキャラクターと言える。

しかし一方で、何故彼が人の姿をしているのか。という点には大きな疑問が残り、その部分に関して明かされていることは少なく、ゲーム内の描写からプレイヤーが解釈するほかない。
一説によると、ゴースの遺子と赤子は別であること、三本目のへその緒を遺子は落とさないことから、ゴースの遺子はビルゲンワースが人工的に作ったものであるとする解釈があるが証拠はない。

…ああ、ゴースの赤子が、海に還る…
呪いと海に底は無く、故にすべてを受け容れる

関連記事

親記事

Bloodborne ぶらっどぼーん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴースの遺子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1514

コメント