ピクシブ百科事典

月の魔物

あおざめたち

月の魔物とはフロムソフトウェアより発売されたゲーム「Bloodborne」に登場する最重要存在である。
目次[非表示]

ローレンスたちの月の魔物


青 ざ め た 血







ネタバレ注意


この記事はBloodborneの物語における重大なネタバレとなっております。閲覧はゲームの楽しみを大きく削いでしまう可能性があるので、到達前の方は出来れば自身の目で確かめてから閲覧して下さい










概要

ブラッドボーンにおける超重要存在であり、ある意味で物語のすべての元凶とも呼べるもの。
プレイヤーが拠点とする狩人の夢、その真の支配者。
人間が上位者と呼ぶ存在の一つ。「月の魔物」という名前が正式名称にも見えるが、作中では「青ざめた血」と呼ばれてる様な描写もあり、すべては謎に包まている。

ローレンスたちによって召喚されたような記述があるものの詳細は不明。
しかしこの上位者とローレンス及びゲールマンたちの邂逅が狩人と狩人の夢の始まりをもたらした、ということだけが唯一明確に示されている。

その為ゲールマンと深い関わりがある筈なのだが、彼を狩人の夢に捕らえ助言者の役割を与えていること以外は明かされていない。
主人公である狩人との関係も不明。決して無い筈はないのだが、考察するにも明確な文章が作中に存在しないので各々の解釈に任せるしかない。

同じ上位者の『メルゴーの乳母』や『姿なきオドン』と並んで、謎だらけのブラッドボーンの中でも背景が全くと言っていいほど見当たらない、珍しいキャラクター。

とあるエンディングで赤い月となった狩人の夢に突如として現れ、成すすべなく狩人はこの上位者の傀儡とされてしまう。
だが……


異形の上位者

ブラッドボーンにおいて上位者や獣の外見は、それとなくニュアンスで伝えられるようなものが多い。
エーブリエタースであれば「女性的なフォルムで触手を持った竜っぽいもの」、アメンドーズであれば「アーモンドみたいな頭をした、痩せた千手観音っぽいもの」など、人によって変わるもののボンヤリとしても大体は伝わる。

ところがこの月の魔物は何とも名状し難い、上位者の中でも説明が難しい外見をしている。

まずはその身体。
どう見ても四つん這いとなった人間のような形を持つ。しかしあり得ないほどに痩せさらばえ、肋骨と背骨は剥き出し。外皮か肉らしきものが腕と脚、そして胴体背面部にある。

次にその貌。
頭は触手か触覚らしき器官がさながら獅子の鬣の如くあるが、その貌は穴が空いたような仮面とでも言うべき無貌である。瞳も口も何もなく、本当に仮面を取り付けたような見た目をしている。

そして尻尾。
尻尾が生えているのだが、その周りを細い触手のようなものが枝のように分かれている。
複数の尾を持つのかは不明。一応攻撃に使っているようだ。

極めつけはその血。
通常上位者は白い血を流すのだが、月の魔物だけは人間や獣と同じ赤い血を流し、同じように赤い血を用いて謎めいた攻撃を行う。
上位者としても謎多き立ち位置であるが、これがその謎に拍車をかけている。
何故赤い血を流し、何故人の如き身体を持ち、何故貌が無く、何故獣ともとれる特徴があるのか。何一つ分からない。

このように説明こそ出来るが、ニュアンスが伝わるかというとそうは言いがたく、またエーブリエタースやアメンドーズ、メルゴーやオドン、そしてゴースといったような個体または種族名称が無いというのも、上位者として異形であると言わざるを得ない。


ボスとして

ゲールマンを退けた狩人の前に突如として現れ、これ以前に人を超えていると月の魔物を狩人は拒絶し、そのまま戦闘となる。
異形の巨躯ながらも獣のように俊敏に、人のように狡猾に、上位者のように理解し難い攻撃を行う。
だが作中終盤のボスの中では体力が何故か低く、所々で様子見をするなど極めて不自然な行動を取る。また狩人のHPを1に、その他をリゲインゲージに変える発光を伴う咆哮と、白い靄を破裂させ赤い血を降らし、命中すると輸血液が使用不可となる攻撃を用いるが、それはまるで狩人に自身の血を吸わせているようにすら見える。

強敵揃いのBloodborneの中で、珍しくプレイヤーから明確に弱いと呼ばれる月の魔物。
イベントボスの様な扱いなのでは? と考察されているが真相は不明のまま。
だがもしかしたら、それは幼年期の始まりに近付く狩人が、人を超えた存在と化しつつあるという証明なのかもしれない……

pixivに投稿された作品 pixivで「月の魔物」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21340

コメント