ピクシブ百科事典

サクラ・ミズラヒ

さくらみずらひ

ゲーム・アニメ『Xenosaga』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:浅野真澄
ヨアキム・ミズラヒとユリの間に生まれた。作中では14年前に死亡している故人
M.O.M.O.や量産型百式、キルシュヴァッサーの姿は彼女がモデルとなっている。
また、ルベドにとって初恋の人であり、彼女の存在や彼女との約束は今でも彼を支えている。

脳に先天的な障害を持っており、実世界においては感情を表すことも話すことも出来ない。
現実世界でのコミュニケーション能力は皆無だが、特殊な条件で精神世界にダイブすることだけで会話が可能だった。
精神内の彼女は、お転婆で少しおませなお姉さん的性格。

14年前、治療のためにユーリエフ・インスティテュートへと預けられた際、対ウ・ドゥ用の訓練を行っていた『U.R.T.V.』のルベドと出会う。
ルベドと特に波長が合い、母親へ伝言を頼んでいる。外界への意思伝達の方法が彼女になくても、彼女は、ヨアキムがサクラの意識をU.M.N.を介して常に観測するという方法を見いだし百式の製作に取りかかっていたことや「」という存在を知っていた。 

ルベドアルベドに対しサクラは、兵器としての存在意義が全てでありやがては消え行く運命にあった彼らに真の存在意義を教え、後に誕生する自身の妹―新たな意識であるM.O.M.O.を託し、その露命を閉じる。


PS2版では「ユリの目の前で自殺した」とされ詳しい真相は語られなかったが、DS版ではウ・ドゥと接触しようとしたアルベドを救おうとしての死亡したとされている。

関連イラスト

はつこい
ちびっこ


関連タグ

Xenosaga ゼノサーガ
M.O.M.O. キルシュヴァッサー ルベド アルベド・ピアソラ

pixivに投稿された作品 pixivで「サクラ・ミズラヒ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3789

コメント