ピクシブ百科事典

シンタルスス

しんたるすす

中生代ジュラ紀前期の北アメリカや南アフリカに棲息していた小型の肉食恐竜。メガプノサウルスとも。

概要

全長約2.5mほどの小型の肉食恐竜である。
名前の由来は「癒合した足首」から来ている。
前足は小さく弱々しい物の、後足、特に足首は頑丈であった。走るのが速く、ジャンプも得意だったのかも知れない。群れで行動していたようである。

※「シンタルスス(Syntarsus )」という学名1969年に付けられたが、最近カブトムシ等の仲間に、先に付けられた名前が有効となることから、シンタルススという名前ではなく、現在は「メガプノサウルス」という名前になっている。

関連タグ

獣脚類 新獣脚類 コエロフィシス上科
コエロフィシス科 コエロフィシス

コメント