ピクシブ百科事典

ジェシ

じぇし

ジェシとは、『獣の奏者』のキャラクター。 (タイトル画では、真ん中の少年が彼である)
目次[非表示]

CV:並木のり子

概要

『探求編』より登場したエリンとイアルの息子で、初登場時8歳。

王獣を家族のように大切に思っており、原作では幼い頃から共に育ったアルを「アル姉ちゃん」と呼んで慕っている。その為「王獣を道具のように扱う」とも取れる「王獣使い」と言う言葉にかなり嫌悪感を示す。
またかつてのエリン同様、母の様になりたいと言う夢を持っており、12歳でカザルムへの入舎ノ試しを受ける。その際、入舎の動機を問われ、「ぼくは王獣が大好きです! だから、母の様になりたいのです!」と黒々と大きく書いて、トムラら教導師達を大爆笑させた。
そんな彼もやがて過酷な運命に引きずり込まれる事になる。始めこそ両親を案ずるあまり荒れた事もあったが、「必ず戻って来るから」と言うエリンの言葉を信じ、両親を待つ決心してからは、時折直情的な一面も見せるものの、心身共に著しく成長し、家族や王獣を気遣う一方で、自身も意外な活躍を見せる。
決戦後、母と一緒にいられたのは僅か4日間だったが、彼にとっては大変有意義な時間だった。立派に成長した彼は母の遺志を受け継ぎ、リョザの国家安定にも一役買う事となる。
アニメでは最終回の1シーンのみ登場。アルの傍らで母の仕事が終わるのを待っていた。母譲りの音感を持つのか竪琴を上手に演奏している。

容姿・性格等

霧の民の血を引くもクォーターの為、髪や瞳は黒。但し本編では言及されなかったが、思春期頃に背が伸びた際、非常に長身になっている可能性が高い。
ちなみに顔立ちはやや父親似との言及があるが、挿絵等で見る限り明るい笑顔は母親から受け継いだ様である。
性格は非常に腕白で、両親からは想像も付かないほど(ひょっとしたら社交的だった母方の父親に似た?)口達者だが、生物全体が大好きで好奇心旺盛な一面は母親譲り。
更に、『完結編』の後半で父譲りの俊敏さと行動力を見せる様になる。

関連タグ

獣の奏者 エリン イアル

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェシ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 103987

コメント